メルマガアフィリエイトで成約率44%を達成した方法…>>
ノマドライフ

スタバでパソコン持ち込んで何してるの?週3スタバにいる私が暴露

スタバでパソコンを持ち込んではテーブルに広げてコンセントから充電してカタカタとドヤ顔している人たちって何しているか気になりますよね。

そう!週3回近くスタバに立ち寄りパソコン(Mac)を広げてドヤ顔して正体の一人は私です(笑)

そんなスタバでパソコン広げて何をしているのか?そしたスタバに通っているから分かる周りの、同じスタバでパソコン民の人たちが何をしているのかこの記事で暴露していきます。

スタバでパソコン持ち込んで何してるのか

スタバでパソコンを持ち込んで何してるのか?私の場合であれば100%仕事をするためで、このようにブログを書いたり(スタバで今も書いている)メルマガを書いたりなどの作業を行なっています。

結構同じようなスタバパソコン民の人たちの画面をチラッと覗いてみると、YouTubeやTwitterなど娯楽のためにパソコンを持ち歩いている人は少なくて大半が仕事をしているケースが多いです。

私もそうですが、ノマドワーカーとも言われるフリーランスなど場所を問わずに仕事できるような人にとっては、スタバは仕事のしやすい環境で、決してドヤ顔も意識高い系でもなく、ただ意識が高いだけです(笑)

また、仕事以外の特に大学生などは提出するレポートや資料のまとめなんかをパソコンを広げて行なっていることが多くて、テスト前にカフェやマックで勉強するのの大人バージョンといった感じですね。

 

なぜ、自宅ではなくてスタバで仕事をするのか?

スタバでパソコンを使っている人は真剣に仕事をしているわけですが、これを聞くと「家(自宅)で仕事をしろ!!」なんて思いますよね。

もちろん私も仕事の時間でいえば圧倒的に家(自宅)が多いんですが、毎日家から一歩も出ないで仕事をガツガツやることは無理で、会社の中に24時間いるのと同じイメージなんですよね。

特にノマドワーカーやフリーランスの人であれば個人で仕事をしている分、モチベーションのコントロールを自分で行う必要があって、息抜きや違う環境にいっての仕事がその1つだということです。

それに意外と自宅で仕事をすることができない人も、自宅では仕事に集中できないは嘘!私が行なっている集中する7つのことで書かれているように多くて、家庭の環境や集中できる環境といのも関係しているんですね。

なので、私であれば1時間や2時間ほどスタバでパソコンを持ち込んで仕事をしますが、それ以上の時間は集中力が切れてグダグダしてしまうので、「半日もスタバで仕事!!」なんてことはないんですよね。

ちなみに私がスタバでパソコンを持ち込んで仕事をするときに守っていることが下記になります。

  1. 集中力を保てる時間だけ仕事をする(やることを明確に)
  2. 混んでいるスタバには行かない(時間や場所)
  3. 窓側の一人席に座る(テーブル席は邪魔になる)

 

1.集中力を保てる時間だけ仕事をする(やることを明確に)

スタバでパソコンで何をしているのかわからない人の中には、午前中から夕方までドリンク一杯で仕事場のように活用する人も多いですが、お店側としたら迷惑ですよね。

もちろん仕事をするとう側で考えたときに、集中力は確実にキレるしグダグダする時間も増えるので、それであれば別にスタバでパソコンを持ち込んで仕事をする意味がないと思うんですよね。

私の場合は自宅での仕事の息抜きとしてスタバでコーヒーを飲みながら、気持ちをリフレッシュして仕事に取り組むためにも集中力が保てる1時間や2時間しか滞在しません。

その中でも意識しているのが、「スタバでの数時間の間に何を終わらせるか」ということを明確にしてから行くので、終わればすぐに帰るというスタンスでやっていて1つのことを淡々と集中するので作業効率がめっちゃいい。

だから逆に長時間いる人は、そこで何をするのか明確でないから終わりのない状況でグダグダと仕事をしてしまうので、「何をするためにスタバでパソコンを持ち込んで作業するのか?」を明確にしてみるといいです。

 

2.混んでいるスタバには行かない(時間や場所)

都内のスタバや駅前など、平日でも多くのかたが利用してい「席が空いてない!!」なんて経験したこともありますよね?

そんなときに席を見渡してみると、パソコンを広げた意識高い系がMacにイヤホンつけてカタカタしているのを見ると、「席あけろよ」と思わず言いたくなっちゃいますよね。

スタバでパソコン民からすればあれば最悪です!!

あのような人がいるから、「スタバでパソコンを広げている奴は悪だ!!」みたいな先入観が入っちゃうわけで、私は嫌なので混んでいるスタバには絶対に仕事しには行きません。

だってあの冷たい視線はかなりきついですし、仕事を集中するために足を運んでいるのに、そこに意識を少しでも持って行かれて集中できなければスタバに行く意味がないわけです。

なので、家の近くでも空いているスタバを探したりとか仕事のしやすい環境や時間に足を運ぶようにしていて、私の場合だとショッピングセンターの中のスタバに平日行くことが多いです。(休日は混んでいるので行かない)

そのため混んでいるスタバでパソコンカタカタしている人を見つけたら追い出しちゃいましょう!邪魔です(笑)

 

3.窓側の一人席に座る(テーブル席は邪魔になる)

混んでいるスタバは避けることに繋がっているんですが、店内での席もなるべく人に迷惑をかけないように、窓側のカウンター席などテーブルで2名以上が利用できる席には座らないです。

結構…数名の席に陣取ってパソコンをカタカタしている人も多いですが、複数人の席が埋まってしまったときに普通にコーヒーを飲みに来た人が座れないなんてケースもよく目にするわけです。

「席移ってくれないかな〜」なんてそのとき思いますよね。

そのため、店内でもなるべく営業に迷惑をかけないように一人用の席を選ぶことと、今だと大きなテーブル席でコンセント付きの席も用意しているお店も多いのでそのような席を選んでみるといいです。

 

まとめ

スタバでパソコンを持ち込んで何をしている人が多いのかというと、「仕事」が答えになりますし、多くの人が意識高いとかドヤ顔するためにやっているのではなくて仕事に真剣できっと好きなだけです。

中には混んでいる店内でパソコンをカタカタ使っているようなユーザーもいますが、ノマドワーカーやフリーランスの人たちは結構気を使って利用している人も多いのでほんの一部の人たちですからね。

今もスタバでこのブログ記事を書いていますが、先ほど説明したように「ブログをかく」を目標にしていたので書き終わったらササッとお店を出ますからね(笑)

人それぞれの価値観ですが、スタバに週3回近く通っている私のスタバの利用の仕方なので、参考にしてみてくださいね。

参考:ノマドワーカーになる方法を現役のノマドが徹底伝授

追伸:今すぐ「メルマガの仕組み化で売上2倍」に!「8つの動画講座」を無料公開中

マーケティングマスターシート&売れる仕組み動画イメージ当サイトに足を運んでいただき、ありがとうございます。 最後まで記事を読み進めてくれた方だけに、メルマガだけで自由を手に入れた私が、今も実践で活用している「8つの動画講義」をプレゼント中です!



【有料級!8つの動画講座の内容】
  1. 弱小が強者に勝つためのたった1つの方法
  2. セールスフローの構築と高成約率のセールス方法
  3. 具体的なセールスメールの全貌
  4. 発信の軸を決めるコンセプト設計
  5. 情報発信でマネタイズする方法
  6. メルマガ集客するための方法
  7. 売れるメルマガのセールスフローの構成
  8. セールスフローを元に売れるメルマガを書く
ABOUT ME
黒沢 誠
情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより