得意なことを見つける3つの方法!得意を仕事にして生きる

得意なことが何か聞かれた時にすぐに答えることができていますか?

好きなことはあっても得意なことを自分で理解してる方は非常に少なく、当たり前にできてしまうからこそ、自分1人だけでは気づきにくいんですよね。

私もそうで、自分が得意なことは何なのかというのは最近まで明確でありませんでしたが、周りの環境であったり、比較することによって自分の得意を知ることができ、得意を知ることができれば、その得意なことを伸ばす事ができるようになります。

そこで、この記事では得意なことを見つけて仕事にする方法についてお伝えしていきます。

得意なことを見つけるとは何か?

得意なことを見つけると言っても得意のがいいねんが人それぞれ異なっていて、プロ野球選手であれば一般人よりも野球が得意ですし草野球の中でも他の人よりも野球が得意な一般人もいる訳です。

なので、得意な事というのは決して日本で一番優秀であるであったりとか、世界でも活躍できるようなスキルや経験を身につけているというわけではなくて、その環境にいる中で周りよりも優位性が高いことが得意と言えます。

ネット上を見れば、パソコンに詳しい人ほどは山ほどいますが、あなたの周りであればあなたが一番、パソコンに詳しくて得意な分野!!というように環境に依存するということなんです。

また、私のイメージとしては一般的な基準のレベルより上のことを簡単にできてしまうであったりとか言う経験やスキルなどと言った部分は得意な事に当たるケースが多いんですよね。

得意なことと聞かれると難しく考えてしまいますが、周りと比較した時に一般的な基準よりも上のことをできるであったりする場合には得意なことにあたるわけです。

自分では気づきにくい

では、得意なことというのは周りの環境などから一般的なレベルよりも上のことをできてしまうという表現をしましたが、実は自分では気づきにくいんです。

なぜなら、当たり前にできてしまうからこそ、自分目線で見た時にはそれが普通という感覚になってしまいます。

例えば・・・

私がこの世にこのブログを毎日更新しているということは、自分の中では当たり前という感覚でやっていますが、記事を書くのが苦手な方からすれば、この人は文を書くことが得意だという認識を持たれるということです。

そのため、自分では得意なことというのは気づきにくく、周りと比較したりとか、他人から言われて気がつくということも少なくありません。

苦手なことばかり意識をしてしまいがち

得意なことが気づきにくいというのも、日本の場合、小さい頃から苦手なことを克服するという習慣があるため、得意なことを伸ばし続けるという環境ではありません。

そのため、苦手なことは何かと聞かれた時にはすぐに思いつきますよね。

ですが、苦手なことをいくら続けたとしても、得意なことの基準として一般レベルまで引き上げることはできても、それ以上のレベルに達するということは相当の努力であったりとか苦手なことを好きに変えなければいけません。

だからこそ、苦手なことに意識をするよりかは、自分の得意なことを知り得意なことを伸ばした方があなたの価値も高まりますし、更にそれをビジネスとして仕事をすることもできるようになります。

嫌いなことを続ける必要はない!むしろ絶対にするな

参考:嫌いなことを続ける必要はない!むしろ絶対にするな

得意なことを伸ばした方がビジネスは上手くいく

結局、ビジネスうまくいっている人というのは、自分の得意なことを見つけて得意なことを伸ばし続けるということをしています。

だって記事を書くことが苦手だと言っている人が毎日ブログ書くことができませんし、それを無理矢理したとしても、質の高い記事を書くことや自己成長にも繋がっていかないので、他の人と比較した時に優位性がないですよね。

逆にブログを書くことは苦手だけれども、数値改善などが得意な人であればデータを見て分析するような広告運用などをした方が特異なケースもありますし、自分の向いてることをやることによってやりがいや労力などの自己成長にも繋がっていきます。

さらに得意なことを伸ばし続けることによって、その分野が苦手な人から求められるようなスキルや人になることができれば、仕事に繋がるということです。

得意なことの見つけ方

では、苦手なことよりも、得意なことに目を向けることであったりとか、得意な事の基準を知り、そして自分の中で落とし込むことによってビジネスをうまくいかせることや仕事として取り組むことができるようになります。

得意なことの見つけ方としては、以下の3つの方法があります。

他人と比較して得意な事をしる

一番得意なことを気づかされる場面としては、今ある環境の中で周りの人と比較した時に自分の強みは何かということを分析することになります。

私も今までは自分の得意なことは何かというのが明確になっていませんでしたが経営者のコミュニティーに入ったことで他の人ができないけど自分が苦手意識もなくできるということを知った経験があります。

例えば・・・

このようにブログ記事を書いてるのもそう思うで、なぜブログを前に書くことができているのかなども多く聞かれますし、自分の当たり前が環境の中では当たり前ではないということ感じるんです。

なので、自分の得意なことが分からないのであれば、まずは周りの人と比較してみることをしてことをおすすめします。

自分をよく知っている人に直接聞く

周りの環境から比較して、自分の得意なことを知る方法以外には、自分のことをより知っている人に聞いてみることが最も効果的です。

もちろん昨日今日会った人に自分の得意なことは何かと聞いても分からないので、自分が普段何をやっているのかなど詳しく知っている人に対して聞いてみるといいです。

そうすると、自分では思っていなかったけど、周りからは自分のことをの評価としてどこが得られているのかというのが気づくことができますし、そこが得意なこととして認識することができるようになります。

なので、1人だけに聞くだけではなくて、何人かの方に聴いて、その中で共通点ある当てはまりお琴というのがお前から見た時に得意な事に当たるので、飲み会の席などで話をして聞いてみるなどをしすることが手っ取り早いです。

基準よりも上に自然と行けること

三つ目としては疲労の力を借りないで自分の中で納得する方法として、周りの環境の中で基準よりも運営のステージやレベルに自然と行くことができているのかということになります。

ブログを書くということに対しての例でいえば、当たり前に3000文字や4000文字という記事を書くことができるという人も中にいますし、500文字書いて限界という感じる人もいるわけです。

勿論、その時に基準を知なければいけません。

一般的には、このレベルまでは書くことができるということを知った上で、それ以上のことができたりとか、そのレベルまですぐに達成してからできたということは、あなたにとって向いていることであったりとか、得意な分野の可能性が高いです。

また、得意なことというのは苦手が意識がなく、やっていて楽しいであったりとか、もっと学びたいなどの追求私も生まれてくるのでそういったものというのは結果的にあなたの得意に変わる可能性もあります。

やりたいことをやる勇気を身につける!たった1つの方法

参考:やりたいことをやる勇気を身につける!たった1つの方法

得意なことをビジネスに活かす方法

得意なことを知ることができたら、その得意なことを伸ばし続けてビジネスに生かすことで得意なことを仕事にすることが可能になります。

やっぱり得意なことを仕事にしなければ、そこの環境の中であなたが頭一つ丘の人にも上に行くことはできないですし、いくら頑張ったとしても基準値レベルまでしか達成することができません。

いくら努力しているのに、その仕事を得意としている人にさっさと抜かされてしまうということなんです。

逆に得意なことを仕事にすることはできれば、他の人がいくら努力しているのに追いつかないレベルまで自分のステージを上げることができますし、その専門性を追求することによって得意なことを仕事として生活することなどもできるようになります。

あなただけにしかできな価値提供をビジネスにする

得意な事を仕事にするということですが、得意なことを見つけてそのような会社などに勤めることも一つですが、あなたにしかできない価値提供をビジネスにするというのも一つの選択肢です。

一つの得意なことを極めることによって、そこに専門性が生まれ、その分野の苦手な方が、そのスキルを必要として求めてくれるようになります。

例えば・・・

クラウドワークスなどのサイトでライターさんなどがたくさんいますが、それが成り立っているのも、記事を書くことができない方だったりとか、記事を書きたいけど手が回らないなどと言った人が依頼するからになります。

他の人よりも、記事を書くことができるというスキルを持っているだけで、そこに対して仕事が生まれるということで、記事を買うこと以外にもその専門的なスキルを持っていればそれを求める人がいて価値提供できます。

また一つのことに対して専門性を高めることによって、その分野やスキルに対しての情報発信をし求めている人達に提供することというのもできるようになります。

得意な事を求めている人に発信する情報発信ビジネス

ブログ記事を書くというのも、立派なスキルですし、そこに対してブログを書きたいけど書けないであったりとか苦手だからどのように書けばいいのか教えて欲しいという人がその専門的なスキルや情報を求めるわけです。

だからこそ、そこに対してコンサルティングやコンテンツなどの販売などが成立しています。

もちろんそれだけではなくて、自分の得意なことというのは人に伝えることは非常に簡単で、当たり前にできたことを教えるだけなので、発信する内容もそんなことでいいのかと思うようなことでも価値として生まれます。

現に、アメブロの使い方を教えるような講座であったりとか、カメラが得意な方がインスタばえする写真の撮り方などを教えるといったように、得意なことを仕事に変える個人の方も非常に増えています。

それはその得意なことに対して提供してほしいという人がいる訳なので、需要と供給が生まれてそこに対して価値が生まれていくということです。

だからこそ、あなたにとっての得意なことを、まずは落とし込んでいき、それを究めることによって、情報発信ビジネスで人に伝えて、かつ影響していくことで、仕事に変えることが可能になります。

私が情報発信ビジネスで稼いだ方法として、個人で稼ぐには?独学で月収100万円を稼いだ方法を紹介しますでお伝えしているので、得意な事を仕事にしたい方はチェックしてみてくださいね。

個人で稼ぐには?独学で月収100万円を稼いだ方法を紹介します

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより