Twitter(ツイッター)集客のコツ!昔と違う集客のカタチ

Twitter(ツイッター)集客のコツとしてこの記事でお伝えしていきますが、Twitter(ツイッター)での集客は今でもできるの?と思っている方も多いですよね。

確かに数年前と比較するとTwitter(ツイッター)のユーザー層は変わりつつあり、若者が使うSNSとしての認識も強いはずです。

アカウントは作成したけど、集客ができないフォロワー数も集まらなくてはツイートしても誰にも見られずに意味がないですよね。

そして今回はTwitter(ツイッター)集客のコツをお伝えしていきます。

先日以下のツイートをしました。

\ツイッター集客のコツは!?/集客するメリットとして、手軽にフォローができるからこそ繋がりやすいんですよね。Facebookのように申請して承認制だと手軽ではないですし、発信の内容も気楽ですからね。その中でブログや集客LPに誘導できるツイートをできるのかが重要になってくる。

Twitter(ツイッター)集客のコツ

Twitter(ツイッター)って登録したけど他のSNSとの違いが分からないという方も多いですよね。

ザックリ言うと、FacebookやInstagramよりも気軽に投稿(ツイート)できるSNSになります。

なので自分が発信したいユーザーと他の人の投稿を見るが自分は投稿をしないユーザーなども分かれていたり、

複数のアカウントを作れることから、リア友要や趣味用のアカウントのように分けて使っている人も多いです。

では、このツイッターを使ってメルマガやLINE@に集客していくためのコツとして幾つかありますが、まずは数年前と比べてツイッターは変わりつつあることを理解する必要があります。

変わりつつあるユーザーの利用目的

数年前のツイッターのユーザーというのは、リアルな友達同士でフォローしあって近状などを投稿(ツイート)してコミュニケーションをとる目的でした。

ですが最近のツイッターのユーザー離れを起こしており、特にトレンドに敏感な女性などはInstagramを今はメインに使っている人が多いですよね。

なので、今使っているユーザー層の目的としては共通の趣味などに特化したアカウント同士で情報交換するなど濃い関係を築いていく傾向にあります。

Twitterの集客ツールは効果がなくなった

その中で数年前に多くあったのがツイッターの集客ツールになります。

自動フォローや自動ツイートやアンフォローなどの機能があるツールが幾つかありましたが、今となってはあまり利用することが難しくなっています。

というのも、アクティブなユーザーではなくてBOTと言われる自動ツイートなど行っているようなアカウントが多いので、フォロワーが増えても中身のない場合が多いんです。

なので中身のないフォロワーが何万人いるよりも濃いフォロワーが数百人いた方がいいと思います。

特に最近でもアカウントの凍結がしやすくなっているので、ツールを使って大量フォローすると凍結するリスクが高まるので手動でやっていくのも一つの手段になります。

日々の発信で価値提供をしていく

ツイッターでの集客のコツとして日々のリアルな発信が必要になります。

やはりボット化しているツイールは分かりますし、今のユーザーの動向としては濃いアクティブユーザー同士での情報交換などの目的になります。

なので日々起こったことに対しての価値の高いツイート意識することで、濃いユーザーがフォロワーになってくれてブログなどにアクセスを流し集客に繋がっていきます。

最大140文字でためになるツイートをする

ツイッターの投稿は最大140文字までとなっています。

少し前までは一行くらいの気軽なツイートが多かったが現在のアカウントをリサーチしていくと、140文字いっぱいで濃い投稿をしているユーザーのが人気を集めている。

その中でも日記のような内容よりもハウツーなどの見て価値の高い内容の方がウケがいいです。

なので、気軽に投稿できると思いつつも、濃い情報を求めている人が多いので140文字を使ってためになるツイートをしてください。

見込みとなる属性をフォローする

次にツイートしていく中でも見てくれる人(フォロワー)を集める必要があります。

濃い見込みとなるフォロワーが増えれば投稿を見てくれてブログなどに誘導しメルマガ集客などまで繋がっていきます。

そのためには数よりも質の高いフォロワーを集める必要があり、自分からフォローをしてアクションを起こしてフォロー返しをしてもらうために下記の3つに注意してください。

①アクティブなユーザーなのか

ツイッターでフォローしていく中で、アクティブなリアルなユーザーでないとフォロー返ししてもらってもブログやメルマガ集客まで繋がっていきません。

そのため最新のツイートは24時間以内なのか、ツイートの内容は自動化していないリアルな内容なのかをチェックしてみてください。

なので見込み客の属性でありアクティブなユーザーをリサーチしてフォローしてみてください。

②何を求めているユーザーなのか

そのユーザーのツイートの内容を見ていき、何に関心があって何を求めているのかも重要です。

例えば「転売をやってみたい!」とツイートしているユーザーに対してアフィリエイト系の属性のアカウントであれば属性が少しずれてしまっています。

過去のツイートからなんの情報であればマッチするのかを確認し、自分が求めるユーザー層なのかを確認する必要があります。

③フォロー数が少ないかどうか

次にフォロー数がどれくらいいるのかです。

仮に数千〜万いるアカウントであれば、ツールなどで増やしている可能性も高いですし、自分のツイート見られる可能性はそれだけ低くなってしまします。

仮にリアルなユーザーであればフォローは多くても数百人くらいだと思うので、そのようなフォロー数のアカウントの見込み属性を見つけてフォローしていくとフォロー返しもされやすくなります。

情報発信ビジネスで稼げない人の5つの特徴

フォロワー数を増やしてリスト集客するには

では見込み属性にフォローをしてフォロワーを増やしてから集客していくためにはどうすればいいのかお伝えしていきます。ツイッターでの集客のコツとしては以下の3つが重要になってきます。

①固定ツイートからブログや集客LPに誘導する

ツイッターの機能で投稿したツイートの1つを固定ツイートとして、自分のアカウントのトップに固定させることができます。

この固定ツイートでブログやメルマガの集客LP、LINE@の追加URLなどに誘導していくことで集客に繋がっていきます。

ですが、ただURLを載せていても誰もクリックしませんので、見たくなるような文章や登録するメリットなど(特典)を140字以内に伝えていく必要があります。

②ツイートの中にブログの更新情報などお知らせする

日々のツイートの中でブログの更新などをリンクさせて投稿していくことで、それを見たユーザーがブログにアクセスして、その中のメルマガ登録をしてくれる動線になります。

集客のコツとしては自然体なツイートになります。

「更新しました!」と言う機械的なものではなくてリアル感を出しブログに誘導していくことで、読むことで何を得ることができるのかなどのベネフィットを載せるのも効果的です。

③プロフィールのリンクからブログや集客LPに誘導する

そしてアカウントのプロフィール内にURLを載せることができますので、載せておくとアカウントを見た人がクリックしてくれる可能性があります。

露出が多ければ誘導できる可能性が1%でも高くなるので、URLやリンクできる部分はすべて使い切りましょう。

まとめ

このようにツイッターの集客のコツとして、数年前と比較するとアクティブなユーザーも固定の濃いユーザとのコミュニケーションとして使っている方が多いです。

なのでその中に入るようにリアルでアクティブなユーザーで自分もある必要があり、自然体て誘導し価値の高い投稿を心がけていくことで、フォロワーも集まってきます。

ツールを起動してガツガツやるよりもリアルなユーザーをリサーチしてフォローしていく繋がりを作っていくように今のツイッターは変わりつつあります。

楽だから自動化して…とは考えずに自分もアクティブユーザーとしてまずはツイッターを楽しく使ってみてくださいね。

Facebookで100いいね以上貰う7つのポイント

情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより

LINE@で有料動画5本プレゼント中

有料動画10本を無料配布中

ABOUTこの記事をかいた人

情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより