売れるメルマガがやっている上手な3つの配信ステップ

メルマガをやっているからには、商品やサービスをオファーして売れることが一番の成果にもなりますが、集客数が多いセールス力があるだけだと思っていませんか?

実は売れるメルマガの多くはオファー(セールス)までの配信順序が上手く戦略を立てられていることが多いんです。

「ん?メルマガの配信順序で売れるようになるの?」

と疑問に思うかもしれませんが、メルマガの成約率に大きく影響してくるのはオファーの前段階である日常配信でのメルマガの内容が重要だったりするんです。

そこでこの記事では、売れるメルマガがやっている上手な配信手順に関してお伝えしていきます。

 

売れるメルマガを目指す上手な配信手順

売れるメルマガを目指すには、オファーの前の段階である日常配信が重要だと伝えましたが、その理由というのもオファー開始時の興味関心値に影響が出てきます。

どういうことかというと、日常の生活の中で意識と無意識がありその比率は(意識が1~3%、無意識が97~99%)と言われていて、商品を購入するかどうかの無意識の影響を受けているわけです。

なので、無意識に「この商品やサービスが欲しい」と思ってもらうことが、売れるメルマガには必要になってくるんですね。

「新商品のこのコンテンツいいんでチェックしてみてください」

とメルマガが届いても買いませんよね?それも興味関心値が0に近い状態なので、欲しいという気持ちが生まれてこないからが影響としてあるわけです。

仮に毎日のように「コンテンツを実践している人の声」がメルマガで配信されてから、「このコンテンツがこちらです」とオファーされたらどうですか?

皆が結果を出しているコンテンツという先入観でコンテンツの中身を見るので、「新商品です」と同じ内容でも紹介する前の段階で意識が代わり見え方も変わるということなんです。

なので下記のようにオファーの前の段階で売れるメルマガかどうか、上手な配信方法が必要ということです。

オファー前に送ると効果的なメルマガの3つの配信ステップ

売れるメルマガを配信していくには、このオファー前が重要とお伝えしましたが、具体的に何を配信して何日くらい配信すればいいのかということが疑問として生まれてきますよね。

まず、このオファー前に配信するメルマガの目的としては、「オファー開始時の興味関心値がより高い状態を作ること」になり、理想を言えば売ってくださいとも言われるレベルになることです。

そのために配信する項目の例としては以下のような3つの配信ステップがあります。

    1. 実践していることに対しての不安や危険性を指摘する
    2. ベネフィットを明確にしていく(〇〇だったらこうなれる)
    3. 証拠を提示していく(実践者の声)

1.実践していることに対しての不安や危険性を指摘する

オファーした時に興味関心を高めて欲しいと思われるには、今やっていることに対しての不安や危険性を感じていないと新しいコンテンツや商品を購入しようと思いませんよね。

「そのスマホは不具合で爆発する危険性があるようです」なんて言われたら、潜在的に「スマホ交換したいな」と生まれるわけなんで、「今なら無料で交換できます!」なんてオファーされたら交換しますよね。

これが、危険性のない状態で交換しますと言われても「今のままでいいから別に今回はしなくていいや」という人が増えるわけなので、成約に影響があるわけなんです。

なので、オファーする前のメルマガ配信では、実践していることなど不安や危険性を具体的に指摘してあげることによって、無意識の部分にその感情を入れることができるわけです。

 

ですが、「それは危険です」なんてそのままメルマガで書かれたところで信用性がないので、証拠は必要で「〇〇だから危険やリスクがあるから理想は〇〇」がいいみたいな内容を配信するのがいいですね。

この「理想は〇〇」の部分はオファーするコンテンツや商品やサービスなどに結びつくものにしておくと、オファーした時との関連性が生まれてくるということになります。

 

2.ベネフィットを明確にしていく(〇〇だったらこうなれる)

不安や危険性を気づかせた後に読者さん目線で求めているのは、それの対処方法や解決策になりますよね。

「そのスマホは不具合で爆発する危険性があるようなので、機種変更をお勧めします」のような具体的な方法で、読者さんが次に思うのが機種変更やスマホ代を安く済ませたいですよね。

なので、具体的な解決策として、「格安スマホにすることで安く機種変更することができる」などといった具体的な方法を提示して、それを行った時のベネフィットもあるといいです。

格安スマホにすることで、「従来よりも〇〇〇〇円安くすることができて年間で〇〇万円もお得で、それで欲しいものを購入することができる」のような表現になります。

このように具体的な解決策とベネフィットを提示することで、より明確に見えてきますが、いい事ばかり言われる逆に怪しいと思う心理も次に働いてしまうんです。

 

ベネフィットやメリットなど書いたらデメリットも明確にする

メルマガ内などでつい良いことばかり書きたくなりますが、それは逆効果に働いてしまいますが、ちゃんとデメリットに関しても伝えてあげることが売れるメルマガには必要になります。

「格安スマホにすると携帯代金は安くなるけど、キャリアメールが使えなくなる」

と言ったようにデメリットも明確にしますが、デメリットをそのままにしていても悪い印象が入ってしまうので、デメリットをフォローする表現をすると尚いいです。

「キャリアメールは使えなくなるけど、今はGmailなどフリーアドレスを使っている人も多いですし、メールアドレスの変更なども一括で送ることができる」

のようにデメリットをカバーする表現もメルマガ内でしてあげてみてくださいね。

 

 

3.証拠を提示していく(実践者の声)

不安や危険性から解決策とベネフィットが見えるだけでもオファー時の反応は変わってきますが、より確信になるのが証拠を提示するということになります。

ようはメルマガ内では文章での訴求で言ってしまえば嘘かもしれないですし信憑性としては低い部分もありますよね。

できたら画像や動画などを使って確信となる証拠を見せることで、よりメルマガ内での反応は変わりますし興味関心から欲しいに意識を帰ることに繋がってきます。

具体的には、格安スマホに変更した後の料金明細と以前の料金明細の比較なんかを証拠として提示すると、料金が安くできることが確信に切り替えることに繋がるわけです。

自分の実績や実践者の声などでもいいので、「ベネフィットに対して実際はどうなの?」という部分の信憑性を高くしてメルマガ内で提示してみてください。

 

オファー前に意識を変化させてからオファー開始する

このように3つの配信手順でメルマガを配信することによって、オファー開始時の意識が変わっている状態で成約率にも大きな影響が出て売れるメルマガを作ることができます。

3つの配信手順を3日間で配信するのもいいですし、5日などの期間で意識を変えていく、動画コンテンツを作って1つの動画だけという方法もあります。

日数はどれだけ3つの配信手順でメルマガを配信するかですが、日数が長いとメルマガが読まれなくなる可能性も高いので、動画や音声などを使って短い期間で行うのがもっとも反応は上がります。

なので、メルマガで売れないと感じた場合にはオファーを焦りすぎているケースも多いのでオファー前のメルマガの上手な配信手順をして意識を変えることをしてみてくださいね。

もっと売れるメルマガを構築したい方は、メルマガ収入を10倍以上にする仕組み構築の極意を参考にしてみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより