LINE公式アカウント

LINE公式アカウント作成時に行うべき3つの設定は大丈夫?失敗しない初期設定を解説

LINE公式アカウントを作り始める時、
まずやるべき3つの設定方法があるのですが、
あなたはご存知でしたか?

「えっ!いきなり何?誰?」
と思ってしまったかも知れませんので、
軽く私の自己紹介をすると、

軽く100以上の個人起業家や
法人の方のLINEステップを構築させて頂き、
最近の例だけで言うと…

■ 月4回の説明会で売上1000万円
■ 既存リストのみで売上800万円
■ 友達数約90人で売上300万円
■ 友達数約50人で売上150万円
■ 販売までフル自動で売上50万円…

と言う感じで、
全て書き出すと
簡単に本文に辿り着けないレベルです。

ですので、世間一般の
LINEステップ構築だけの人では無く、
成約に繋がるステップを組める人間
率直な意見だと、
あなたに伝われば幸いです。

そこでですが、
当記事では、

■「これから
LINE公式アカウントを作って、
仕組み化して行きたい」

■「LINEステップを作ったけど、
何を設定していけば良いか分からない」

と考えている方に対して、
ぜひ参考にして頂きたいと
思っております。

LINE公式アカウント
作成時にやるべき3ステップ

早速ですが、
アカウント作成時にやるべき
3つの設定方法を解説して行きます。

ステップ1

まず1つ目として、
何をやるべきなのか?というと、
アカウント名と写真の設定になります。

「えっ?そんな基礎的な事?」
と思っていませんか?

私も相談を受ける中で、
「結構な割合で間違っている…」
と言う風に感じてしまう事が多いです。

例えばですが、

■「○○公式アカウント」

■「公式○○」

みたいな感じで、
アカウント名を
入れる方も多いと思いますし、
あなたも見た事があるかも知れません。

そもそもですが、
あなたの公式以外ありませんよね。
と言う話になってしまいます。

「でも、
芸能人や有名人の人って…」

と思うかも知れませんが、
あの人達が「公式」にする理由は、
「ファン作成」や「なりすまし」対策です。

私達のレベルの知名度では、
心配する必要が無いと言う事です。

LINE公式アカウントの
アカウント名と
写真で意識するべきポイントは、

まずは、
「日本人のライフスタイルに
溶け込んだLINE」
をイメージして欲しいです。

具体的に
どこを意識した方が良いのか?

というと、
プライベートのLINEを
いじっている人に対して、

あなたの
LINE公式アカウントから、
見込み客のLINEに
価値提供やオファー等の
発信が届くわけですね。

ということは、
そこに対して

プライベートの人たちに
いかに違和感無く売り込み臭さなど無く、
自然に紛れ込ませるっていうのが、

とても大事になってきます。

LINE公式アカウントの
写真とアカウント名というのは、
自分の友達のような形の
アカウント名と写真を
入れる事が重要ということですね。

なので、
まず普通の名前を入れる事、
次に写真とかで言うと、
例えば自分の
写真を載せるであったりとか、

ビジネス系だったら、
ギトギトしていないような
写真で自然体の写真を載せる事は、
配信される側の立場に立てば、
簡単に想像出来ると思います。

本当に
自然体の写真を載せましょう!

っていうのが、
とても大事になっていきます。

あとは、
SNSアカウントやブログ、
You Tubeをお持ちの方であったら、

写真は統一した方が良い
と思っています。

それでそこは統一する。
アカウント名も統一する
という形にした方が
良いかなと思っております。

実際にLINE公式アカウントで、
情報発信をすると分かるのですが、
意外と、

公式アカウント名 ブログ
公式アカウント名 Twitter
公式アカウント名 You Tube

で指名検索される事が多いですし、
クリック計測して行くと、
外部URLは見られていますしね。

ステップ2

2つ目としましては、
友達追加時の
挨拶を
必ず設定しましょう
ということですね。

「友達追加時の挨拶って?」

と、ふと疑問に感じた方も
多いと思いますので、
補足させて頂きます。

LINEに追加された時に、
自動で返信されるメッセージ
になります。

これは必ず
設定した方が良いです。

なぜかというと、
友達追加時の挨拶っていうのは、
ほぼ100パーセント
見てくれるからですね。

最近は、
無くしている人も多いのですが、

「友達追加ありがとう御座います!
それでは、特典をお受け取り下さい。」

みたいな感じで、
登録特典を配布していますよね。

友達追加時の
メッセージの次は?

その後の
LINEメッセージの選択肢としては、

■ 手動で送る

■ Lステップなどの
LINEのステップ機能で自動配信する

が出来ます。

基本的に、
LINE公式アカウントだけで
やっていく場合、
自動で送れるのは、ここだけなんです。

ですので、
このメッセージっていうのは、
とても大事になってきます。

その時に活用するべき機能は、
もう1種類あり、
「キーワード応答メッセージ」
と呼ばれている機能です。

キーワード
応答メッセージについて

この機能は「何か」というと、
例えば「友達」という
キーワード二文字をLINEで
送信してもらった場合、

設定しておいたメッセージが
自動返信で
送る事が出来る機能の事です。

例えばですが、

「LINE公式アカウントに
友達追加していただくと、
特典をプレゼントしますよ」

と設定。

特典は、
友達追加時の挨拶で
特典を受け取りたい方は、
「特典」と送信して下さい。

と設定しておけば、
「特典」というのを
キーワード応答で作っておけば、

「特典と入力いただいて
ありがとうございます。

特典の○○はこちらになります」

みたいなのを
入れておくと良いです。

この時、

「どうして、
友達挨拶と同時に
特典を渡さないんですか?」

と聞かれる事も多いので、
解説させて頂きます。

確かに、
メルマガでは一般的ですからね。

その理由は、
かなり重要なポイントですので、
忘れないで下さいね。

それは、
追加時にアクションしてもらうことが、
とても大事になって来るからです。

アクションの重要性について

これはなぜかというと、
LINE公式アカウントの場合、
友達追加された時に、
友達追加されたアカウントの人は
分からないからです。

分からないとどうなるか?
というと、
自分からアクションを
起こさなくなります。

更に、個別トークで、
その人にメッセージを
送れなくなります。

ですので、
必ずアクションしてもらう事

大事になって来ると言う事です。

特典を受け取るため
「友達」って送るだけでも、
アクションしてもらうことが
できるんですね。

自然に
アクションを
起こしてもらう事

2つ目のアクションに
繋がり易いという事です。

その事からも、
友達追加時の挨拶を
設定することの重要性は
理解して頂けたと思います。

特典とかを配る場合は、
キーワード応答
メッセージ機能を活用するべき

と言う事は、
忘れないで下さいね。

リッチメニューの設定について

3つ目というのが、
「リッチメニュー」
の設定についてです。

これは超暇だったから作っただけで、
このクオリティが無いと
成約率が低いと言う事は有り得ません。
暇だから作っただけです(笑)

これに近い物は、
あなたもLINEのトーク画面とかで
見たことがあると思います。

下とかにデザインがあって、
クリックすると例えば

■ Twitterに行く
■ YouTubeに行く
■ Instagramに行く
■ ブログに行く

このような外部URLリンクを
設定されている方も多いですよね。

これが、
リッチメニューという機能で、
無料で使うことができるんですね。

これを使うと何ができるのか?
というと、
自分が発信しなくても、

リッチメニューを経由して、
例えばYouTube・Twitter・ブログとか、
他の媒体のものに
アクションしてくれたりして頂けるんです。

例えば商品・サービスがある方だったら、
LPとか販売ページとかを
載せておくだけで、
ここから商品を買ってくれる。
とかっていうのが起こってきます。

これは無料でできるので、
リッチメニューという
機能を使っていただくと、

他の媒体とかの発信も
見てくれるようになりますよ!
ということですね。

・ポイントについて

重要なポイントって何なのか?
について説明させて頂くと、
説明させて頂いた通り、

追加時のアクションを
してもらうことがポイント
ということですね。

ですので、
必ず友達追加時の挨拶と
キーワード応答を使った方法を
実践すること。

そして、
他の発信を見てもらう
ということが、
めちゃくちゃ大事なんです。

これは何をするのかというと、
リッチメニューで補えるわけですよ。

リッチメニューを設定しておくと、
Twitterだったり
YouTubeを見てくれますからね。

なぜか?というと、
LINEっていうのは、
毎日発信している訳
じゃないですからね。

例えば
重要なものであったりとかは
LINEで発信する
かもしれないですけど。

例えばTwitterとか
YouTubeみたいに、
ほぼ毎日発信する。

ブログもやっている
かもしれないですけど。
発信するかもしれない。

それっていうのは、
その媒体で
見て欲しいわけですよね。

Twitterをフォローして
Twitterで見て欲しいし。

インスタだったら
インスタを見て欲しいし。

YouTubeだったら
YouTubeを見て欲しいわけですね。

それが何につながるのかというと、
信頼関係を
構築しやすいと言うことですね。

っていうのも、
接触回数が増えるほど、
信頼関係っていうのは
構築しやすいと言われています。

だからLINEだけで完結すると、
LINEのメッセージを
送った回数ですよね

例えば1週間に1回だったら、
その人との接触回数は
1なわけですよね。

それと比べて、
TwitterとかYouTubeを
やっている方でいうと、
投稿するために見てもらったら、

LINEの発信以外でも
接触回数を増やすことができるので、
信頼関係が構築されやすくなります。

そうなると、
結論どうなるかというと、
自分の商品やサービスっていうのは
成約率が高くなるということですね。

っていうことは、
自分の売り上げの最大化
につながってくるということ
につながっていきます。

ですので、
まずこの3つの設定を
必ずやっていただきたいです。

じゃ、
なぜそれをやっているのか?
っていうのは、

信頼関係の構築だったりとか、
他の媒体を見てもらうことによって、
信頼関係が上がって、
自分の商品やサービスが
買われやすくなる。

そして売り上げの最大化に
繋がるということを、
ぜひ覚えておいて頂きたい
と思っております。

追伸:今すぐ「LINE×仕組み化で脱労働型」へ!「成功する9ステップ」を無料公開中

マーケティングマスターシート&売れる仕組み動画イメージ当サイトに足を運んでいただき、ありがとうございます。 最後まで記事を読み進めてくれた方だけに、LINE×仕組み化で自由を手に入れた私が、今も実践で活用している「LINEで成功する9ステップ」をプレゼント中です!



【有料級!10種の動画講座の内容】
  1. セールス思考セミナー
  2. LINEステップ構築術
  3. 弱者が強者に勝つ裏技
  4. 成功出来る確信を掴む戦略的マーケティングフローの構築
  5. セールス基礎 購買欲×心理トリガー
  6. 全体設計とセールス・Lステップの最適化に関して
  7. セールスフローの構築と高成約率のセールス方法
  8. 具体的なセールスメールの全貌
  9.   
  10. 実績がない場合のビジネスの効率的な始め方
  11. 情報発信ビジネスで稼ぐための手順と全体図

>>LINE登録できない方はこちらをクリック<<


こちらの記事もおすすめ!