行動することの大切さ!迷わないで行動できる人になる3ステップ

行動することの大切さを理解していますか?

行動する選択によって仕事を辞めるであったり、独立をするなどといった、人生を大きく変える行動もあります。

その他にも日々の生活の中でこれを食べる食べないといった小さな選択もあったりと、常に行動することによって日々の生活も変化していきます。

そこでこの記事では、行動する大切さとして成功できる行動の選択についてお伝えしていきます。

行動することの大切さ!迷わないで行動できる人になるには

行動しないと成功も失敗もない

行動するかしないかによって、その後の人生であったりとか、結果は大きく変わっていきますが、多くの方は行動する前にリスクを感じ行動しない選択を取ります。

なぜなら、「行動しない方が楽だから」です。

例えば夏に向けてダイエットをしたいと思ってジムに通いたいと思っていても、ジムに通うという行動を取れない方も多いです。

その理由としては、自分ひとりで行くのは嫌であったりとか、継続できるか不安などという行動をしない理由をつけてしまうからになります。

結局人は新しい行動釣りよりも現状維持をしたくなってしまうので行動しない理由を先に考えてしまうのはしょうがないんです。

ですが…行動しないと成功も失敗もありません。

ジムの場合で言えば、新しく自分に通ってみたら楽しかったりとか意外と継続できる、そしてダイエットすることができる可能性もあるわけです。

ようは「自分の想像とは違った」というのを感じられた瞬間になります。

なので結局行動に対して妄想に過ぎないので自分の目で確かめて行動に対しての成功や失敗を確かめる必要があるということです。

リスクを考えて行動しない選択を選ぶ

行動しないために自分を正当化させる方法としてリスクを考えて行動しないという一貫性を持たせることになります。

もちろん新しい行動に対してのリスクというのは考えてしまいますがその瞬間に行動しないための言い訳を考えてしまっていると自分で客観的に思うことが重要です。

「また言い訳を考えてしまった」

というように思うようになりますし、そう思ったときには言い訳をする前に行動をするという習慣を付けることによって、正しい行動であったり、現状維持から抜け出すことにつながります。

行動してから考えればいい

行動しないためのリスクを考えますが、実際行動していく中でそのようなリスクが現実に起こることというのは少なくて行動してからその場で考えればいいです。

先程のダイエットのためにジムに通う例で言えばジムに通ってもダイエットすることはできない痩せないなどということを先に考えてしまいますが、結局やってみなきゃわからないですよね。

それで実際にジムに通ってみて痩せなければやめればいいですし、別の方法を取ればいいという選択を新しい行動をすることが可能だということです。

なので、迷ったらまずは行動をしてみるそしてその場で問題が出たら解決していくというように、まずは行動を自分で選択して行っていくことが重要になります。

自ら選択して行動するための方法

では自ら選択して新しい行動をチャレンジしていくためにはどのような思考を持って行っていけばいいのか下記の三ステップを考えて行動していくことがおすすめです。

  1. 目標を立てて結果を出せる行動かを考える
  2. 行動しないか迷ったら行動するを習慣化する
  3. 行動した結果を自分の目で確かめること

 

1.目標を立てて結果を出せる行動かを考える

行動することも大切ですが、その行動自体、自分の目標に対して叶えることができる行動なのかをまず考える必要があります。

ジムに通う行動であれば、そもそもの目標として、痩せたいであったりとか、痩せてどうしたいという目標やビジョンがあるから、それを叶えるために行動を行おうと選択する訳です。

なので、ジムに通ってダイエットするという点、たった一つの選択肢ですし、できたら一つの選択や行動にだけフォーカスするのではなくて、目標に対しての一番の近道となる行動を選択することが結果に繋がります。

例えば、痩せる目的が異性にモテる為であれば、そもそもダイエット以外の部分で出会う場面を作るであったりとか髪型や第一印象を変えるなどという選択もあるということです。

その中で今行なおうとしている行動が一番の解決策なのかということを落とし込んだ上で行動を選択していくといいです。

2.行動しないか迷ったら行動するを習慣化する

次に行動するか迷う場面になった時に行動した後のリスクを考えてしまい、なかなか新しい行動に踏み出せない方も多いと思います。

私も少し前までは新しい行動を嫌っていて、現状維持が大好きでしたが、最近では行動を選択し、迷わず新しい行動をすることができています。

その一番の理由としては「迷ったら行動するという習慣化」をしているからになります。

そうすることによって、迷ったと自分が感じた瞬間に行動するという選択を取ると、自分の行動を自ら制限することで意志に関係なく行動してみるに変わります。

なので、迷ったらまずは行動して自分の目で確かめるという自分のルールを作ることが新しい行動を取るためには必要です。

3.行動した結果を自分の目で確かめること

結局行動した後の結果というのは、ネット上の記事やSNSなどにも色々書かれていますが、どの情報も正しいかどうかわからないですし、自分の目で確かめるのが一番です。

またこの時に人によって感じ方や結果も変わってきますので、人の意見よりも自分の体験した結果の方が重要で、その時に失敗したのであれば新しい行動にチャレンジしていけばいいということです。

新しい行動ができて、自分の目で確かめることができたら、成功できれば継続すればいいですし、失敗すればまた別の選択を見つけて行動するし、続けることによって結果的に目標を達成することに繋がってきます。

まとめ

このように行動することがとても大切で、迷ってしまったりとか、現状維持を人としてしたくなりますが、そうすることによって、この子の未来が大きく変わることはありません。

もちろん現状維持でいいという人であれば、今のままやらないという決断をし続けるのもありですが、これを読んでいる方はそのような自分が嫌で行動できる人間に変わりたいと思っているはずなので、思考をまずは変えるべきです。

特に自分にルールを与えることが一番行動に繋がるので迷ったら行動する、まずは自分の目で確かめるという思考を持ってみると客観的にそんな場面があった時に行動することができます。

行動する時にも自分の好きなことを見つけるのも重要で、好きなことよりも「得意なこと」を見つけてビジネスを成功させる秘訣もチェックしてみてくださいね。

好きなことよりも「得意なこと」を見つけてビジネスを成功させる秘訣

有料動画10本を無料配布中

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより