ブログが書けない7つの原因と行動を変える解決策

ブログが書けなくてどうすれば書けるようになるのか?とコンサル生やメルマガ、LINE@で最近聞かれることが多く、その原因はブログを書くと言う目的に対しての何かしら引っかかっている場合が多い。

なので、「ブログを書いてください」と言っても書けないですし、書かなくてもいい自分を正当化した理由を見つけるようになってしまうんです。

そもそも書く理由が不明確であったり、何を書けばいいのかどうやって書けばいいのかわからなければ先に進むことができなく、それを解決できる方法は自分の思考を変えるしかないんです。

そこでこの記事ではブログ苦手な私が毎日(現在58日目)ブログ記事を書き続けられるようになった、書けない時の原因と対策をお伝えしていきます。

 

ブログ記事が書けない7つの原因と対策

私が実際にブログ記事を書けなかった頃やコンサル生やメルマガやLINE@でのサポートをしている中での、書けない原因は以下の7つになります。

  1. 目標設定ができていない
  2. ブログ記事を書く理由を納得できていない
  3. 何を書けばいいのか分からない
  4. 手が止まってしまって書けない
  5. ブログを書こう!とモチベーションが上がらない
  6. 書く時間が取れない
  7. アクセスがこなくてやる気を失う

 

①目標設定ができていない

まずブログを書く以前の問題ですが、なぜブログを書くのとかに落とし込むための目標設定ができていないケースが多く目標がなければ行動をし続けることができないです。

そのため1ヶ月や3ヶ月、6ヶ月後でもいいので、自分がどのような状態になっていたら最高なのかを想像し目標を設定してみてください。

ブログ記事を書くのであれば、「3ヶ月後にメルマガ集客で50人以上達成する」、「アドセンス報酬で〇〇円を達成する」などが代表的な部分になります。

その目標設定から日々のタスクに落とし込むことが重要で、メルマガ集客の目標達成をするにはどうすればいいのかを考えてみると、ブログを書く、SNSで発信するPPC広告から集客する。などが選択肢として出てきます。

じゃあその各媒体で集客できるようになるには「アクセス」が必要になり、そのためにはブログであれば質の高い記事を書き進めて生きドメインが評価され検索上位を目指す必要があるわけです。

このように目標設定をしてそれを達成するためには日々のタスクで何をしなければいけないのかを明確にすると、ブログ記事を書く必要性を感じて書けないから書くに意識が切り替わります。

 

②ブログ記事を書く理由を納得できていない

目標設定と似ている部分があり、ブログ記事は書いたほうが集客もできるのはわかっているけど、自分のどこかで少し引っかかってしまっていてブログ記事を書けないということもあります。

そうなると書けないことから、書かないための言い訳を探して自分を正当化しようとします。

「忙しいから・時間がないから・ブログ記事を書いたことないから・書くのが苦手だから」などのように書かないために理由を出してしまいブログ記事を書かないように自分をコントロールしているんです。

そこで意識を変えるには「ブログ記事を書き進めて行くことによる未来」をよく理解することになります。

 

1つの例として「ブログよりもPPC広告で集客したほうが早いと思う」という人がいて、その方はブログよりもPPC広告で集客したほうが早いしメルマガで収益があげられるという潜在意識がありました。

なので、ブログを書いたほうが言っても書かなくても別に大丈夫という考えをどこかしらで持っていたので書けないわけです。

そこでブログを書き進めた未来として「無料で集客できる・濃い読者さんが集客できる・ドメインが評価されれば自動的にアクセスがくる」などがブログの場合は考えられます。

逆に現実として「PPC広告はお金もかかり費用対効果の合うビジネスでないと赤字になるのでリスクも高い」ということも話をしたんですね。

それによって「なぜブログがいいのか書き進めていくのか」を納得することで、意識もブログは書いたほうがいいに変わるので、ブログをかけるようになります。

 

③何を書けばいいのか分からない

やる気もあって「さあブログを書こう」と意気込んでパソコンの前に向かったものの、何を書けばいいかがわからずに手が止まりブログ記事が書けない場合もありますよね。

ぶっちゃけ私も毎日書いていると、何を書こうと数十分間フリーズするときもあります(笑)

その対策方法として一番最初といのはめちゃくちゃ書く内容(キーワード)はあり、そのリサーチ方法としてはサジェストキーワードを確認することです。

YahooやGoogleで検索した時に、関連したキーワードが表示されるもので、それ系のキーワードを狙って記事を書き進めて行くのはベストな方法になります。

または競合サイト(自分が上位表示を目指している上位のブログ)をみて、どういう記事(キーワードを含めて)がアクセスがあるのかを人気順などの項目があれば書いてみるのも1つになります。

やはり記事を書く時に何を書けばいいかわからなければ、時間を無駄にしますので、競合リサーチやネットサーフィンしながらこのキーワードで記事を書いてみようというものを見つけるのが一番です。

参考:ブログ記事を継続的に書き続ける7つの方法

 

④手が止まってしまって書けない

タイトルや狙っていきキーワードを見つけてブログ記事を書い始めたはいいけど手が止まっって先を書けない場合も、特にブログ記事を書くことに慣れていない人であれば多いと思います。

「2000文字以上は最低書きましょう!」などと言われてるとそうするには、何を書けばいいのだろうとなりますが、何文字以上書こうというのをまずはやめたほうがいいです。

なぜなら文字数で記事を書いてしまうと、あと何文字だからと言って記事を書こうとしてしまい、本当に伝えるべきことを書かずに記事を公開してしまうことになります。

そうではなくて、このキーワードを調べている人が満足するような記事(自分が伝えたいこと)を作り上げて提供するという思考にするだけで書ききることができ質の高い記事を作ることができます。

 

⑤ブログを書こう!とモチベーションが上がらない

ブログを毎日書いていてもモチベーションが上がらないと書ききることができなかったり、記事の質も低くなってしまいますし、継続して書くこともできなくなってしまいます。

私の場合はどのようにブログを書くことのモチベージョンを作っているのかというと、1つ目は習慣化として優先順位でやることがなければ朝起きて一番初めてにブログ記事を書くようにしています。(この記事はギリですね)

習慣化するとブログ記事が1日の生活の中で必ずやらなければいけないタスクになるので嫌でも書くように行動が変わってきますし、午前中にやると決めているのも時間が経てば書きたくならないからです。

結局、夜になれば意思力が低下して、考えながら作業するようなことには不向きですし、ブログ書くことがめんどくさくモチベーションももちろん上がらないので午前中のうちにやるようにしています。

その中でもモチベーションが上がらなければ、普段とは違う場所でブログ記事を書くようにしていて、外に出てスタバなどのカフェで記事を書いたり歩いて気分を変えるの1つの方法です。

モチベーションが上がらなければ別のことをすることで変化しますので、ぜひ試してみてくださいね。

 

⓺書く時間が取れない

書く時間が取れない場合もあるとは思いますが、仮に月に数件しかかけていないのであれば、目標設定でも解説があったようにブログ記事を書かない言い訳の可能性が高いです。

時間がなければ1時間早く起きて記事を書く、電車内で少しでも書くなどの生活を変えれば対応できることがほとんどです。

毎日書くのであれば忙しくて書けないような日も出てきますが、私の場合は前日までに次の日の記事を下書きしておくや半分ほどは仕上げておくようにしています。

また、朝8時から予定があるなら数時間前に起きて必ずブログだけは仕上げるように習慣化しているので、意識の問題です。

 

⓻アクセスがこなくてやる気を失う

ブログ初期はアクセスがこなくアクセス解析を見てはモチベーションを失いブログ記事が書けない原因になってしまいます。

なので、まずはアクセス解析を見ずにアクセスではなくて記事を書いたいから書いていることと数ヶ月後や数年単位の資産として構築するためにやっていることを認識するべきです。

またドメイン評価がされてアクセスが増えるのは数ヶ月ごとかなので、それを知っていれば「まだ評価されていないんだな」という思考になりますので、今やっていることが数ヶ月後のためだということです。

 

まとめ

ブログ記事が書けない原因の多くは目標設定やブログをやる目的を理解できていないから手が動かないケースが多いので、なぜ今ブログを書いているのかを認識するといいです。

また私もブログを毎日書いていく中でモチベーションやネタがないときなどありますが、日々の生活の中でブログを書くことを習慣化することによって意地でもネタを探し書くように行動します。

なので、ブログが書けなければ生活を変えて行動を変えて思考を変えていく、この記事が積み重ねっていくことで数ヶ月後や数年単位での資産になる未来を想像して書き進めるといいですよ!!

参考:無料ブログで集客する3つコツとSEO対策

LINE@で有料動画5本プレゼント中

有料動画10本を無料配布中