fbpx
メルマガアフィリエイトで成約率44%を達成した方法…>>
情報発信

情報発信ビジネスで成功の鍵はターゲット!発信の軸を明確にするペルソナ設定とは

情報発信ビジネスを始めていく中で重要になってくるのが誰に対して発信し、商品やサービスの販売をしていくのかというターゲットの明確化になります。

よくブログやSNSなどをとりあえず初めてみたという方もいますが、そもそもターゲットが明確でないのに情報発信を行ってもそれは最終的な結果に結びつきにくいです。

だからこそ、これからメルマガやLINE@、そしてブログやSNSなどを情報発信ビジネスを初めて行くのであればまずはターゲットを明確にし、その人に向けた発信をしていくことを心がけていきましょう。

でこの記事では、情報発信ビジネスでのターゲットの選定方法、そしてペルソナの設定に関してお伝えしていきます。

情報発信ビジネスでのターゲットの明確化とペルソナ設定

なぜ発信するのにターゲットを明確にするのか

では、なぜ、情報発信をしていくのに対して、ターゲットを明確にしなくてはいけないのかというと、明確でないと発信の軸がぶれてしまったりとか、集客から販売までの一貫性を持つことができなく成約されにくくなってしまいます。

なので、ターゲットを明確でない場合で言えば、誰に向けた発信なのかがピンポイントに定まっていないので、ユーザーにとっても発信の内容が心に刺さらないですし、共感やそして商品やサービスなどにも結びつきにくくなります。

だからこそ、とりあえず始めるというのは、結果的に非効率な行動になりますので、しっかりとターゲットを明確にしてから発信をしていく必要があります。

誰に対する発信か明確になるので発信の軸が決まる

誰に対する発信なのか明確にすることによって、あなたの情報発信ビジネスの発信の大きな軸を決めることができます。

例えば…ブログでもSNSでもそうですが一つの専門分野に特化しているような情報発信をしている人の方が結果としてすぐに結びついていきます。

なので、コンセプトや発信のテーマはそしてターゲットが明確になっているから、その人に向けた情報発信ができているということです。

ですが、逆にその軸がなければ発信の内容も異なっていきますし、誰に対する発信なのかが不明確なので、発信内容がブレてしまいます。

集客から商品の販売セールスまでの一貫性が生まれる

情報発信ビジネスと言っても、ただブログやSNSで発信をしているだけでは収益に結びつかなく、そして集客するというのも一つの過程に過ぎません。

最終的にはメルマガやLINE@などに集客し、そこから独自コンテンツやサービスもしくはアフィリエイトなどで収益化をしていかなくてはいけない訳です。

なので一つの事例としてよくあるのが、集客は出来るけど商品が売れないということが起こってきてしまいます。

これはなぜなのかというと、集客までの道線と、そしてそこからの商品やサービスのオファーまでの動線というのが一貫性がないからユーザーは登録したけど思ったのと違って商品を買わないということが起こってしまいます。

だからこそ、集客する段階でもブログやSNS、そして集客した後のセールスまでのことを考えて一貫性を持った情報を発信していくことが必要です。

そのためには、ターゲットを明確にすることで、その人達が共感できることや悩んでいること、そして解決策を具体的に提示して商品やサービスに繋げていくということを行っていかなければいけません。

情報発信ビジネスで成功するターゲット設定3つの手順

情報発信ビジネスで成功するためのターゲットの設定方法として、下記の3つの手順に従って行うことがオススメです。

  1. メルマガやLINE@でオファーする商品・サービスを決定する
  2. 商品の対する見込み客のペルソナを設定する
  3. あなたの強みを生かした発信のテーマで情報発信を行う

1.メルマガやLINE@でオファーする商品・サービスを決定する

まず情報発信ビジネスでのターゲットを決める時にターゲットを誰にするのか、そして発信のテーマをどうするのか考えるのではなくて、ゴールからの逆算を行っていくことがおすすめです。

要は自分にとって提供できる商品やサービスもしくは情報や知識として詳しい発進のテーマで情報発信ビジネスをやっていくことがよく、売る商品などを決まっていなければ見込みとなる、ユーザー層も明確にすることはできません。

とりあえず情報発信を始めてみる、そして集客できたら商品やサービスを決めて売っていこう、では発信の軸が定まらないということです。

例えば私の場合であれば…

メルマガや情報発信、ビジネスでの実績があったので、それをベースに商品やサービスを展開し、オファーすることができると安心を始める前に考えました。

その後にその販売する商品やサービスに対して見込みとなるユーザー層(ターゲット)は誰かというのを考えていく訳です。

メルマガをやっているけれども、結果を出ていない方であったりとか、商品やサービスなどを持っているが、そこからセールスの方法がわからない方などといったようなざっくりした、ターゲットをまずは作っていきます。

後は発信のコンセプトにも寄っていきますので、情報発信で言えば稼ぐ系の方の発信に対しての情報なのか、もしくは非稼ぐ系のテーマの方に対して行うのかなど細分化していくことができるようになります。

また、個人での情報発信ビジネスで稼ぐための方法として、個人で稼ぐには?独学で月収100万円を稼いだ方法を紹介しますをどうぞ。

あわせて読みたい
個人で稼ぐには?独学で月収100万円を稼いだ方法を紹介しますこれから会社を辞めて「独立して個人で稼いでいきたい」や副業をやっているけれども、誰かに依頼されて仕事をしているなど個人で稼げていないとい...

2.商品の対する見込み客のペルソナを設定する

細分化していく中で、更に商品に対する見込み客のペルソナを設定していくところまで落とし込んでいくと、ターゲットもより明確になり発信の軸というのが作ることができます。

ちなみにペルソナというのは商品やサービスに対して見込みのユーザーとして最も重要な人物のモデルを作るということになります。

なので、よりその人物を想像し、明確化することが必要で、年齢や性別、職業や年収、そしてライフスタイルや目標を設定などリアルなひとりの人を作り上げていきます。

そうすることによって、具体的に誰に対して発信するのかといううのが作り上げたペルソナの像に対して行なっていけばいいので、使用する言葉や訴求なども統一し一貫性を持つことができるということです。

ペルソナの設定方法

では、具体的に1人のターゲット層として、ペルソナを設定する時にどのように行っていけばいいのかということですが、やってはいけないのは思い込みで作り上げてしまうということです。

要は自分の商品やサービスを購入してくれそうな見込み客となるユーザーが自分の思っていた方と違うということが起こってしまっては、全ての発信の軸がズレてしまって結果に結びつくにくくなってしまいます。

なので、より正確に見込みユーザーのペルソナを作成するためには、SNSやブログなどインターネット上の口コミやリアルな声などを聞いてデータを取り入れていくことがおすすめです。

または既にその商品やサービスを購入してくれている方がいたら、アンケートとなどを取って依頼して直接聞いていくということも、よりデータとしての正確さとして一番高いものになっていきます。

特に作成する時に気をつけていきたいのは、より細かいペルソナを作成するのではなくて、必要だと思う条件の部分だけ設定を行うことです。

例えば…

33歳女性専業主婦で千葉に住んでいて、旦那長女3歳の3人家族趣味が映画と料理で料理関係の雑誌を見たりとか、家で映画を見ることが多い、また頻繁にInstagramやLINEなどのSNSを活用して使用していることが多い。

 

など、細かく設定してしまうとよりその人を想像することはしやすくなりますが、ターゲットとしてより細分化されてきてしまいますので、最初はもう少しざっくりとしたらターゲット層を設定する方が発信も幅広くなります。

今日は細かく設定してしまうよりも、もう少し広くとって、そして、商品やサービスが売れたりうまく行った所のターゲットをより細分化して明確化にしていく方が効率がいいということになります。

3.あなたの強みを生かした発信のテーマで情報発信を行う

そして最後にターゲット設定として、あなたの強みを活かした発信のテーマでの情報を発信をして価値提供していくという考え方が必要になります。

例えば、ただ稼げるかというような考え方でやっているとビジネスも上手くいきませんし、あなたから学ぶあなたからの情報を手に入れるのに価値があるというような状態にならないと、情報発信ビジネスは上手く行きません。

なので、他の人と同じレベルの知識や熱量で行う発信では意味がないということです。

それよりかはあなたの過去の経験やスキルや実績など、あなただから出来る発信のテーマというのを見つけて情報発信していくことが継続に繋がりますし、よりユーザーにとっての信頼関係の構築にも繋がっていきます。

特にビジネス系であれば、ただ塾やコンサルなどで言われて発信をしているという人達も多く見ますが、結局皆と同じレベルで飛びぬけるということはできない訳です。

じゃあその中で飛び抜けている人との差というのは何かと言うとその人だから発信できる情報や価値提供があるという部分だということです。

もちろん実績も必要ありません。

それは発信のテーマ、そしてターゲット設定によりますし、あなたがより詳しい情報や知識を求めている人に対して情報発信を行うことができれば、そこに価値が生まれるからになります。

だからこそ、商品やサービスを決めて、そしてターゲットとして細分化したペルソナを決めていくこともそうですが、あなたが気持ちを込めて発信して課長を提供できるというテーマを見つけていくのが最終的に一番だと思います。

まとめ

このように情報発信ビジネスでのターゲットを明確化にすることというのは、発信の軸であったりとか、集客やその後の商品やサービスのオファーまですべて一貫性として繋がっていきます。

だからこそ、発信のテーマやターゲットがブレていたら結果を出すことができません。

なのでまずは、自分の強みを生かした情報発信のテーマを見つけて、そしてそこに対して価値を提供できる発信するターゲットを明確にしてみてくださいね。

実際に発信のネタに困っている方は、情報発信ビジネスのネタは必要ない!売上に直結する発信のネタ選びとはをどうぞ。

あわせて読みたい
情報発信ビジネスのネタは必要ない!売上に直結する発信のネタ選びとは情報発信ビジネスにおいて、ブログやSNSなどの不特定多数の方に向けた媒体や、メルマガやLINE@と言った一部の興味関心の高い人への発信を...
ABOUT ME
黒沢 誠
情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより
こちらの記事もおすすめ!