情報発信ビジネスのネタは必要ない!売上に直結する発信のネタ選びとは

情報発信ビジネスにおいて、ブログやSNSなどの不特定多数の方に向けた媒体や、メルマガやLINE@と言った一部の興味関心の高い人への発信を日々行なっていきますよね。

その中で問題になってくるのが、「日々の情報発信のネタをどうすればいいのか?」という事で、特に発信を始めた人はネタ不足になり発信を継続できないなんてことも起こってきます。

そこで、この記事では情報発信ビジネスで発信するネタの選び方と集客と売上に直結するための方法を解説していきます。

情報発信ビジネスで集客や売上の直結する発信のネタ

情報発信ビジネスに無駄な発信は必要ない

情報発信ビジネスにおいて、無駄な発信というのはブログでもSNSでもメルマガ・LINE@でも全てにおいて不必要になります。

何が無駄なのかというと、例えば日常での出来事などの日記のようなものであったり、自己満足での情報発信などを行っている方が多いですが、見ているユーザーが求めているのはそこではないということです。

勘違いしてはいけないのは、情報発信者は有名人ではないので発信者の食べたものや日常というのは多くの方が興味なく求めているのはあなたの発信する、テーマに関する情報になります。

例えば私の場合であれば、情報発信ビジネスに関わる情報やコンテンツなどをこのブログやめるのがなどであれば期待されているわけで、それ以外の情報というのは無駄だということです。

小さな市場の専門家ポジションを目指すこと

その中で目指していくべきことは、小さな市場での専門家ポジションを作るということになります。

例えば…

私がこのブログで情報発信ビジネスに関するネタではなくて、転売や投資などということについて触れてきたら、その専門性が失われることになります。

なので、あなたの強みや得意な発信、そしてメルマガやLINE@でオファーする内容、まで一貫性を持った発信のテーマを決定し、日々の情報発信をしていく必要があるということです。

専門性の高い発信以外は必要ないし成約に結びつかない

結局、情報発信すればいいという価値観でネタを探してSNSやブログに投稿しても、そこから集客にも成約にも結びつきにくいです。

例えば…インスタグラム集客に関して専門性の高いブログや発信をしている人と、幅広い発信のなかでインスタグラム集客を取り入れている人であれば、どちらから知りたいと思いますか?

私ならより専門性の高くて、情報の価値が濃いであろう、インスタグラム集客の専門家の情報を信じますし、そういう人の発信を見たいと感じます。

どこからその発信者の事を知り、そして商品やサービスがあればおはされたら買ってしまうなど、まず認知してもらうためには専門性の高い発信をしていき、そこから一貫性をもってオファーまでつなげていくということが必要なんです。

情報発信するネタを決定する

情報発信ビネスをやっていく中で発信するネタを決定するということは、発信のテーマや、あなたがこれから目指していくブランディングというとこまでつながっていきます。

なので、発信するネタというのは本を読んだり動画を見たり、インプットをしてたら発信するのではなくて、あなたがこれから発信していく中で売上に直結するような情報を発信していくことを心がけていくことが非常に重要です。

集客やその先の売上に繋がる情報発信を行う

先程もお伝えした通り、集客やその先の売り上げにつながる情報を発信していく必要があり、その専門性の高い発信のネタを集めて発信していくのがオススメです。

例えば、インスタグラム集客に関しての専門性の高い情報を発信を行っていき、コンテンツはコンサルなどを行っていきたいのであれば、インスタグラム集客に関連した発信を行っていけばいいわけです。

なので、ここで考えるべきは、インスタグラム集客に興味や関心の高いユーザーが求めていたり、悩んでいることに対しての発信するネタを探していくということです。

フォロワーの集め方やインスタグラムからLINE@までの集客、そして日々の投稿はどんなことをしていくかなど一つひとつの発信するネタとしても被りしていけばかなりの量があります。

まずはSNSやブログなどの無料の発信媒体であっても、有料級の質の高い発信をしていくことによって、あなたの発信者としての認知もされて、そこからの集客にも結びついていきます。

コンプレックスの解消や実践記をリアルタイムで発信する

仮に情報を発信するネタを見つけることができない場合には、自身が持っていたコンプレックスについての解消した方法や実践記なども一つの発信のネタになります。

というのも、発信する内容が全てが、成功体験という必要はなくて、最も発信として価値があると私は思っているのは失敗事例や、自分が悩んでいたことや環境などからどう抜け出したのか、そして解消したのかということになります。

なので、過去を振り返ってみて、そのような体験などをしたら発信するネタになりますし、仮に現在、それを解消している状況であれば、その実践記などをリアルタイムに発信していくということを持っていきます。

情報発信するネタを見つける3つの方法

では、情報発信するネタを見つけるためには自身のインプットした経験をアウトプットするだけではいずれ発信する内容もなくなってきてしまうので、新しい情報を仕入れてアウトプットとして発信をしていく必要があります。

その方法としては、以下の三つが挙げられます

  1. YouTubeやSNSでインプットする
  2. 関連する発信者の情報発信をチェックする
  3. Google検索して発信するネタに関連する記事を読む

1.YouTubeやSNSでインプットする

少し前と比べると、YouTubeやSNSでの情報の質というのはとても高まっていて、過去に有料で販売されてもおかしくないようなノウハウや情報というのが無料で手に入る時代になってきています。

なので、自分が発信しようと思っているテーマであればSNSやYouTubeを検索することで関連した動画から情報を手に入れることができます。

特にTwit、terなど専門性の高いユーザーが発信していることが多く発信の質もとても高いので気になるアカウントを見つけて過去のツイートなども振り返って見てみると発信のネタとなるものが非常に多いです。

もちろん発信のネタを見つける一つの手段になりますので、その内容から、自身の体験や経験などをお待ちいた情報発信を行っていくことであったりとか、学んだことを自分の言葉でアウトプットしていくことが情報を発信では重要になっていきます。

2.関連する発信者の情報発信をチェックする

YouTubeやSNSでも無料で情報の発信のネタを手に入れることはできますが、さらに質の高い情報を仕入れるために必要なのが、メルマガやLINE後といった1部の方に向けた情報発信になります。

なので、自分が行おうと思っている発進のテーマからメール長屋LINE音をやっている方であったら登録をしていき、どのような内容での発信をしているのかチェックしていくのもひとつになります。

もちろん発信のネタのインプットとしては、そこから有料の商品やコンテンツなどを買った方が情報の質も高まりますし、実践的な内容も多いので自己投資として勉強していくことも情報発信者にとっては不可欠だと言えます。

3.Google検索して発信するネタに関連する記事を読む

また、無料の手段としてはブログなどの記事からグーグルで検索して発見していくことになります。

もちろん意識的に検索して発信する時に似てネタを探していくのもいいですが、常にアンテナを立てて関連する記事や検索キーワードなどを打ち込んで調べていくのも重要です。

ですが、過去の記事などは今の規約などに対応できていないものや古い情報なども多いので、記事が更新されているよ新しい記事などの情報の方が信憑性も高く、そちらを優先的に情報として信じるといいです。

まとめ

このように情報発信ビジネスで集客や売上に直結する発信のネタとして、専門性の高い発信の一貫性を持つということになります。

結局なんでもいいからと毎日発信していても無駄なので、売上に繋がるための戦略をしっかりと立ててから日々の発信に落とし込んでいき、その発信のネタを決めていくのも重要です。

前提として、成功できる発信のテーマを決めることも大事なので詳しくは、情報発信で成功できるテーマの選び方!あなたの価値を最大にするにはをどうぞ。

情報発信で成功できるテーマの選び方!あなたの価値を最大にするには

有料動画10本を無料配布中

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより