LINEステップ

LINEの「削除」と「送信取り消し」の違いを解説!確認方法も紹介

一度送信したメッセージを相手の端末からも消すことができる送信取り消し機能は、便利ですが、その仕組みや活用方法がわかりづらいと話す人も多いです。

LINEの「削除」と「送信取り消し」の違いもわからないといったことも。

メールなどでも見慣れているメッセージの削除と、送信取り消し機能の違いを理解すれば、LINEでメッセージの送信取り消しをする意味と理由がわかります。

メッセージの送信を取り消したい人も、送信を取り消されたメッセージ内容が気になる人も、LINEの送信取り消し機能の詳細を確認しておきましょう。

LINEの「送信取り消し」と「削除」との違い

LINEの送信取り消し機能と削除機能は、名前こそ似ているものの用途や結果がまったく違います。

初めて以下の表示を見て、一体どういうことなのか?と、焦ってしまってしまう人も多いでしょう。

「●●がメッセージの送信を
取り消しました」

LINEの送信取り消し機能と削除の違いを説明していきます。

送信取り消し

LINEの送信取り消し機能は、主に誤送信したときに利用する機能です。

送信したメッセージが取り消されて削除されます。

・送信取り消しできるのは
24時間以内

・自分と相手の
両方のトークルームから
メッセージが削除される

・スマホ、PC、
タブレットなど
すべての端末から
メッセージが削除される

ただ、あくまでも既にメッセージは送信されているため、メッセージ内容を相手に見られないようにするための確実な方法とは言えません。

どちらかというと書き直して送信しなおす場合や、間違った内容による混乱を防ぐ目的での利用が想定されています。

メッセージ内容を見られることを防ぐというよりも、メッセージ内容が残ることを防ぐ使い方が一般的です。

削除

LINEの削除機能は、主に端末内のLINEのトークデータを削除して整理するために利用する機能です。

送信したメッセージは削除されず、削除を実行した端末上でのみメッセージが削除されます。

・時間が経っても
いつでも削除できる

・相手側で受信したメッセージは
削除されない

・操作した端末内の
メッセージだけ削除され、
他端末のLINEには
メッセージが残る

トークルームから不要なメッセージを削除して重要なメッセージを最新で表示させることや、他の人にトークルームをのぞき見された場合の対策に利用されます。

LINEの「送信取り消し」ができないケースは?

LINEの送信取り消し機能は便利ですが、一度送信してしまったメッセージは必ず送信を取り消せるわけではありません。

24時間以上経つとLINEの送信取り消しはできない

メッセージを送信してから24時間以上経過すると、LINEの送信取り消しボタンが表示されなくなります。

こうなったら、相手側の端末で操作しない限り、自分の側からはどうやってもメッセージを
取り消すことはできません。

間違ってLINEの「送信取り消し」ではなく削除してしまった場合の解決方法

LINEでメッセージの送信を取り消したいとき、名前が似ているために誤って削除の方を
実行してしまった…と言うこともあるでしょう。

LINEの削除では、利用している他端末からはメッセージが削除されません。

Mac版LINE、Windows版LINE、Chrome版LINE、iPad版LINEでは、メッセージがそのまま残っています。

他端末でもLINEを使用している場合は、他端末からトーク画面を開けばメッセージの送信を取り消すことができます。

他端末で利用したことがない場合では、新しくインストールして実行できます。

ただし、iPad版LINEではインストール前のメッセージは同期されないため、インストール前に削除したメッセージを送信取り消しすることはできません。

また、Chrome版LINEには、メッセージの送信取り消し機能がありません。

相手から受信したメッセージが取り消された場合の反映はされます。

トークルームを削除してしまった場合

送信取り消ししたいメッセージのトークルームを削除してしまった場合では、トークルームごとすべての端末から削除されてしまうため、メッセージの送信取り消しができません。

トークルームを非表示にした場合では、相手のプロフィールからトークルームを開けばまた全てのメッセージが表示されて送信取り消しできます。

・送信取り消しできないメッセージの種類

LINEの送信取り消しは、ほとんど全てのメッセージ形式で実行できます。

・メッセージ
・スタンプ
・画像
・動画
・ボイスメッセージ
・LINE MUSIC
・コミックメーカー
・URL
・連絡先
・位置情報
・ファイル
・通話履歴

1対1トーク、グループトーク、複数人トークの全て取り消しができますが、LINE公式アカウントに向けたメッセージだけは削除できません。

LINEの送信取り消しをしたら相手側の通知や表示はどうなる?

LINEでメッセージの送信取り消しをすると、相手側と自分側のLINEアカウントと同期しているすべての端末からメッセージが削除されます。

同時に、相手側の新着メッセージの通知も削除され、通知で受信メッセージの内容を表示する設定にしていたとしても表示されなくなります。

ただし、iPhoneでは通知が削除されるものの、Androidの多くの端末では通知内のメッセージを削除することはできないため、注意が必要です。

iPhoneなど一部の端末では、メッセージの送信が取り消されたことが通知されます。

LINEのトーク画面では、新着順にトークが上から並びますが、送信取り消しをすると順番も送信前の位置に戻ります。

相手が通知に気付いていなければ、トークルームを開かない限り、メッセージの送信を取り消したことは相手には伝わりません。

トークルームを開くと

「●●(名前)が
メッセージの送信を
取り消しました」

という表示で、一度受信したメッセージが取り消されたことがわかります。

取り消されたメッセージを受信した時間も、メッセージを取り消した時間も表示されません。

LINEの送信取り消しを実行してから成立するまでの時間は?

LINEの送信取り消しは、LINEのメッセージ送信と同じくリアルタイムで成立します。

ただし、LINEのトークでも場合によっては通知が遅れることはあるので、相手の端末内で
メッセージが削除される時間は予測できません。

自分か相手の電波が悪い場合や、相手のスマホの動作に問題がある場合では、数時間経っても削除されない可能性もあります。

LINEの送信取り消しをしても相手に見られるケース

LINEでメッセージが既読になる前に送信取り消ししたとしても、相手にメッセージ内容を
見られていないとは限りません。

相手がスマホ操作中にメッセージを受信した場合

既読をつけていなくても、通知で既にメッセージは読まれていた可能性があります。

また、当然ながらトーク画面を開いている最中にメッセージを受信した場合や、

すぐにトーク画面を開いた場合は送信を取り消しても意味がありません。

相手がAndroid端末でメッセージ内容が通知されている場合

Android端末では、通知でメッセージ内容を読めるように設定することができ、LINEの送信取り消しでは通知内のメッセージを削除することができません。

メッセージは未読になっていて、送信取り消ししてから時間が経っていても、通知を確認した際に読まれてしまう可能性があります。

PCやタブレット端末など他端末でも通知が見られていた場合

PCやタブレット端末の通知では、LINEから直接される通知以外に端末から通知される場合があります。

Android端末の通知同様、通知内のメッセージは削除できません。

スマホの通知でメッセージを表示しない設定になっていたとしても、

他端末で通知を表示している可能性があるため、注意が必要です

相手の端末がオフラインになっていた場合

LINEからメッセージを取り消したとしても、

該当メッセージを受信した後相手の端末がオフラインになっていた場合は
送信取り消しが反映されません。

オフラインのままでLINEのトーク画面を開いた場合には、受信したメッセージを
そのまま読むことができます。

特に、ノートPCやタブレット端末などWi-Fi接続のみの持ち運び端末を利用している場合では、オフラインになっている可能性が高くなるため注意しましょう。

オンラインになってLINEのデータが同期された時点で、送信取り消しは適用されます。

LINEで送信取り消しされたメッセージを見る方法

トークから送信取り消しによって相手からのメッセージが削除されてしまい、どうしても見たくなる場面もあるでしょう。

基本的には送信取り消しされたメッセージを復元することはできませんが、裏ワザを使って読める場合があります。

LINEやスマホの機能ではなく、LINEの既読回避用のアプリを利用します。

※現在、iPhoneでは、
送信取り消しされたメッセージを
見られるアプリはありません。

※また、残念ながらアプリを
インストールする前の
メッセージについては、
復元して見ることはできません。

送信取り消しされたメッセージを保存して見られるアプリを利用して送信取り消しされた
メッセージを見るためには、あらかじめスマホとLINEアプリの両方で通知を表示する設定をしておきましょう。

それからアプリをインストールし、アプリでLINEのメッセージ取得を有効にします。

のぞきみ
既読回避アプリ のぞきみ 写真、メッセージ、スタンプもきどくつけずに読むアプリ
– Google Play のアプリ
>>のぞきみ

あんりーど
きどくつけずに読むアプリあんりーど写真やスタンプも見れる既読回避アプリ
– Google Play のアプリ
>>あんりーど

既読回避サポーター
既読回避サポーター
– Google Play のアプリ
>>既読回避サポーター

これらのアプリでは、LINEのトークの内容を取得して、アプリ内に別で保存しておくことができます。

LINEに復元させることはできませんが、このアプリ内でなら、送信取り消しされたメッセージを確認することが
可能です。

LINEのアプリで送信取り消しされたメッセージを見る場合の注意点

・内容を確認できるのは、
メッセージとスタンプと画像
(既読回避サポーターでは不可)
のみ

・インストール後、
設定を完了してから
受信したメッセージしか
見られない

・通知で内容が
表示されなかった
メッセージは読めない

・機種によっては
メッセージ内容を
上手く取得できない

LINEのメッセージを送信取り消しする人の心理

LINEの送信取り消し機能では、送信を取り消したことは相手に表示されるため、取り消したという事実を相手に伝えるためにあえて利用される一面もあります。

・未読であることで
自分が傷ついていることを
伝えるため

・送信してから
後悔したことを伝えるため

・送信した内容を
相手に想像させるため

送信取り消しされた相手にとっては、もうメッセージを見られないことで、不安や焦りを感じるでしょう。

そのことを利用し、ブロック機能の前段階として、「もう返信してくれなくてもいい」
という意味で使われることもあります。

また、まったく違った使い方として、既読されているメッセージであっても送信取り消し機能が使われることもあります。

相手が読んだらすぐに送信取り消しすることで、ずっと履歴が残ってしまうと思うと言いづらいことでも、伝えることができますね。

また、あえて相手が確実に通知でメッセージ内容を読んでいるタイミングや、既読がついた
タイミングに送信取り消しを行い、「チラ見」させるといった使い方をする人も。

恋愛関係では、相手を焦らして気を引くためや、焦らせて本音を引き出すために利用されることが多いようです。

履歴を残さないことを目的として利用される場面は他にもあります。

相手に見せたあとで送信取り消しすれば、スクショなどによるメッセージの保存や、メッセージの転送など、他の人に見られるリスクを防ぐことができます。

本当は見せてはいけないものを見せるときや、悪用されたら困るものを見せるときに利用できるでしょう。

その延長として、証拠の隠滅のために利用されたり、返事をさせずに一方的に送り付ける意味で利用されたりする事もあるので注意が必要です。

あなたの実績や経験を使って月100万円以上を稼ぐ仕組みを作りませんか?

色々なビジネスをやってきた中でも、
【自分の商品(講座やコンサルティング)を持つ事】
が長期的な安定化&利益率の最大化に繋がります。

そのためには…

  1. 商品のコンセプトを決める
  2. 高額な商品のビジネスモデルを作る
  3. 販売する仕組みを構築する
  4. 集客する

といった4つのステップが必要なんですが、
全ての土台となるのは【売れる商品があるか】
に全てがかかっています。

そこでこの有料級の
4つの動画講義をプレゼントします!!


  1. 【完全解説】売れる高額商品の作成術(64分)
  2. 【完全解説】売れるプロセス型営業術(23分)
  3. シンプルステップ体験セミナー(102分)
  4. 成果の出るカリキュラム作成術(29分)

さらにLINEに追加するだけで
3大特典を用意しました!!

  1. Amazon9部門1位の「商品設計の教科書」
  2. LINEステップ×個別相談モデル自動構築の教科書
  3. 売れるオファー設計構築セミナー

合計で10万円相当の特典を用意したので、
こちらのLINEに追加してGETしてみてください。
LINE追加して無料で手に入れる
(※受け取り後にブロックしても構いませんので、 無料で完全にリスクフリーです)
こちらの記事もおすすめ!