リスティング広告でキーワード選定!絶対に抑えるべき方法と手順

リスティング広告を使い、メルマガやLINE@に集客していくためにはキーワードの選定が必要になっていきます。

なぜなら、いくら登録率の高いLPを用意できたとしても、発信のテーマや見込み客を集客することができなければ、登録後に商品やサービスが成約される可能性も低くなります。

そこで、この記事ではリスティング広告を活用し、メルマガ集客するためのキーワード選定に関してお伝えしていきます。

リスティング広告でキーワード選定

リスティング広告で、メルマガ集客するためのキーワード選定として重要なポイントが大きくテストして絞り込んでいくという運用をしていくことになります。

大きくテストして最適化していく

リスティング広告のキーワードを選定する時の考えとして、大きくテストして絞っていくとう考えが必要で、思いつかないようなキーワードでの獲得を期待することができます。

例えば…

あなたが、メルマガアフィリエイトに関連する見込み客を集客したいと思った場合に思いつくキーワードとしては、「メンバーアフィリエイト+〇〇」などといったキーワードだと思います。

もちろんこの場合にはより顕在的なユーザーにだけ広告を出すことができるので、獲得できる見込みも高く、そして登録後に商品を購入してくれる成約率も高いです。

ですが、月刊での獲得数で見た時には顕在的すぎるキーワードであれば、検索するボリュームも少ないですし、獲得できる数というのも限られてきてしまいます。

リスティング広告を活用した売上の限界を感じる訳です。

なので、最初から顕在的なところに絞って広告を出すのではなくて、まずは大きくテストをしていき、その中から反応の高いキーワードに絞り込んで最適化していくという運用方法をすることがおすすめになります。

顕在層と潜在層

このように、健在層に向けたキーワードを設定していくと、より見込み客の集客に結びつきますが、獲得できる数としては限りがあります。

そのため、潜在層に向けたキーワードの選定も必要になりますが、潜在層すぎるキーワードを選定してしまうと、そのあとの集客はできるけれども、売れないということが起こってきてしまいます。

もちろんステップメールでのセールス構成にもよりますが、潜在層の方に向けて教育から販売までしているフローなのか、そもそも最初から潜在的な人を集客し販売していくフローなのかにもよって異なってきます。

多くの場合はすでに見込み客となる人を集客し、販売していくフローのことが多いので、潜在層を集客してしまうと売れないということが多くってくる訳です。

例えば…

メルマガアフィリエイトという顕在層に対して、潜在層というのは、「仕事辞めたい」などと言ったキーワードになります。

顕在層よりのキーワードを選定

メルマガ集客し、その後のマネタイズまで考えていくと、やはり潜在層すぎるキーワードだと、商品が売れないことに繋がってくるので、顕在層よりのキーワード選定することをまずは優先するべきです。

この場合であれば、「アフィリエイト・情報商材・メルマガ稼ぐ」などと言ったキーワードがより顕在的なキーワードになります。

ポイントとしては集客したいい見込み客のキーワードに対して、関連する興味関心が高いようなキーワードを設定していくということです。

検索意図

このようにキーワードの選定には顕在層に向けたキーワードが潜在層向けなのかに分かれていきますが、その時の判断としてはキーワードに対しての、ユーザーの検索意図を読み解くことです。

例えば

メルマガ稼ぐなどと言ったキーワードの場合には、ユーザーの検索意図としては、メルマガで稼ぐための方法やポイントなどを知りたいということが推測できるので集客するメルマガアフィリエイトと結び付きますよね

これが転売で稼ぐなどと言った人に向けた広告を表示させてしまっては、検索意図が「転売を使って稼ぐための方法を知りたい」なので、メルマガを使った稼ぎ方を紹介しても、成約を獲得することはできないです。

このようにキーワードに対して、ユーザーの求めていることというのは違っていきますので、その求めていることの解決策が集客するLPや商品やサービスに繋がっていくことが理想的になります。

マッチタイプ

リスティング広告のキーワードを選定し、出航する時に、以下のようなマッチタイプの選択があります。

  • 完全一致
  • フレーズ一致
  • 部分一致

完全一致

完全一致は登録したキーワードと完全に一致した場合のみ広告が表示されるマッチタイプになっていますので、「メルマガアフィリエイト」と入れた場合には、メルマガアフィリエイトと検索した場合のみ広告が表示されます。

フレーズ一致

フレーズ一致の場合には、登録したキーワードを含むキーワードが検索された場合に広告が表示されます。

メルマガアフィリエイトであれば、「メルマガアフィリエイト+○○」や「○○+メルマガアフィリエイト」などに表示されるので、特定の軸となるキーワードを設定しておけば関連するキーワードに対し、高校が表示されます。

そのため、完全一致と比べると検索ボリュームも増えますし、広告のクリックや獲得というのが見込めますが、獲得に至らないキーワードなのも表示されてしまうので、その辺りのメンテナンスが必要になっていきます。

部分一致

部分一致は登録したキーワードに関連するキーワードが検索された時に高校が表示されます。

なので、メルマガ稼ぎ方などといったキーワードでも表示される可能性があり、フレーズ一致よりもさらに幅広いキーワードに対して広告が表示されますが、その分さらに関係のないキーワードなどにも表示されるということです。

なので、検索数などは圧倒的に部分一致は多いですが、獲得に至らない、キーワード含んだものなども多く表示されるので、フレーズ一以上にキーワードのメンテナンスが1人去っていきます。

メルマガ集客する時の場合

では、メルマガ集客し、読者登録数を増やすためにはどのようなマッチタイプでキーワードを出稿していけばいいかですが、私の場合は、部分一致やフレーズ一致などのマッチタイプを活用するケースが多いです。

もちろん完全一致で、現在そりだけ広告を出していくともありですが、やはり検索数や月間での獲得数には限界を感じるので、幅広いキーワードに対して行きそこから絞っていくという意味でもフレーズ一致や部分一致を活用するということになります。

なので、この時のキーワードといっても、より顕在的なキーワードを抜き出していき、それを部分一致やフレーズ一致なので出していくということです。

その中で獲得にいたらないキーワードや関係のないようなキーワードが表示されていきますので、それを日々メンテナンスして除外していくことを続けていくと、最適化されていきます。

キーワードを除外して最適化

例えばm私が実際にメルマガなどというキーワードで部分一致で出した時には、「名前+メルマガ」などというように、特定の人に対してのメルマガを探している人のキーワードが多く表示されていました。

もちろんその人のメルマガがとは違う訳なので、登録されても、商品やサービスを買ってくれる可能性としては非常に低いです。

なので、このようなキーワードが表示されているのを見つけた場合には、「検索クエリを表示」などという機能を使って実際に、部分一致フレーズ一致などから検索されてクリックされたキーワードなどを表示させることができます。

その中から関連してないであったりとかは獲得することはできない企業だというのを紹介していくことによって、最終的には登録される顕在的なキーワードだけが残るということです。

まとめ

このようにリスティング広告を活用した、メルマが集客であれば、キーワードの選定が重要で、潜在層や顕在層を理解した上で商品やサービスを買ってくれる見込みの人に対し、広告を表示させる必要があります。

その中でも、日々仮説や検証が必要で、このキーワードだったら獲得できるのかであったりとか、要らなさそうなキーワードを除外していくなどを検証し、そしてメンテナンスを繰り返し最適化していかなければいけません。

逆に獲得できるキーワードが見つかってしまえば、そのキーボードだけ広告表示させればメルマガ集客することが可能になっていきますので、お宝さがしのような感覚で獲得できるキーワードを探してみてくださいね。

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより