メルマガアフィリエイトで成約率44%を達成した方法…>>
書き方

メルマガの書き方!話し口調で読みやすい書き方とは

【この記事を書いた人】黒沢 誠
メルマガ・LINEセールスの仕組み構築・情報発信で 強みをビジネスに変える専門家。
有料商品の成約数ランキングで何度も1位獲得。
自身の魔法のセールステクニック技術をメルマガで全て無料公開。

 

全8回の動画講座への無料受講はこちら


メルマガの書き方次第で、登録してくれた読者さんをファン化して信頼関係を構築したり、その先には商品やサービスが売れるかどうか、売上にも影響してきます。

なので、これからメルマガ発行を始めようとしている方やメルマガ発行したはいいけど、書き方がイマイチわからずに、自己流で書いているかたは、この記事てメルマガの書き方についてお伝えするので最後まで読み進めてみてくださいね。

 

メルマガの書き方~話し口調~

メルマガを書いていくなかで、特にこれから発行する方やまだはじめて間もない人というのは、メルマガの内容をブログやSNS投稿の延長で書いてしまっている人が多く、それは本来のメルマガにあった書き方ではありません。

忘れてはいけないのが、「メルマガ=メール」なので、ブログやSNSとは違ってプライベートでメールをやりとりしているのと同じ感覚を持つべきなんですね。

普段、友達や恋人・仕事先の人にメールを送るときに、「〇〇しました!〇〇です!」みたいなメールって送りませんよね?

なので、メルマガを書くときも同様に話し口調でプライベートでのメールのやり取りのような書き方を行なっていく必要があり、そうすることで堅苦しくなく、読みやすく読んでて面白いメルマガを書くことができます。

 

メルマガ話し口調で1人の相手に向けて書く

そのためメルマガでは、あなたのキャラや個性が出るのが一番で堅苦しいメルマガで長く発行し続けてうまくいっている人は見たことがありません。

なので、メルマガを書くときには、目の前にターゲットとなる配信する読者さんがいると仮定して、話しかけるようなイメージでメルマガを書いていくと自然な文書で話し口調のメルマガをかくことができます。

ですが、自然に書くというのもいきなりやったからと魅力的なメルマガをかけるわけではないので、日々メルマガを書いて経験やスキルを身につけていくのも重要です。

 

上手いメルマガをモデリングする

日々メルマガを書いていくなかでも、自分が普段使う言葉や表現・言い回しというのはだいたいパターン化されていて引き出しが少ない事も多いです。

なので、うまくいっているメルマガの過去の内容でも1通1通みていって、本文での言い回しや表現などの部分にフォーカスして読んでいくと、自分も同じような表現などもメルマガを書くときにも行うことができるようになります。

そのため普段から読んでいるメルマガや数万リストで何年もやっているような人で発行するテーマが似ているものだと、モデリングもしやすくなるのでやってみてくださいね。

 

「ですます調」はメルマガを読んでて面白くない

ですます調のメルマガになってしまうと、ブログや日記のような表現の仕方になってしまって、読者さんから見てみれば発行者の人間味というのが感じられることができません。

特にメルマガの中でも成約率に変わってくるのが信頼関係であってその信頼関係の構築に重要になってくるのが、発行者の人柄や思考など人間味の部類になってきます。

なので、メルマガの書き方や、テンプレートなどを参考にしてメルマガを書いていくことであったりとか、とりあえず書いてブログのような発信の仕方になってしまうとそれが感じられないので、あなたと言うキャラや個性と言うのを出したメルマガで面白くしいくことが重要です。

 

日記やブログとメルマガでは発信方法は違う

結局、日記やブログみたいな形になってしまうことがいけなく、メルマガでは発信方法が異なってきます。

なぜならメルマガは一対一でブログ等と違ってプル型ではなく、ブッシュ型の媒体なりますし、読者さんはその人の情報をもっと読みたいと思っているので、メルマガの中でしか話せないような濃い情報発信をしていく必要があると言うことです。

なので、メルマガ読者さんの求めているものだったりとか悩んでることをより理解して、読者さんが欲しい情報などを提供できるようなメルマガ発信を行っていくことが理想なメルマガの内容になります。

 

一対多の発信で受け取る側は一対一である

結局メルマガの発行者側からしたら一体多の媒体がメルマガになりますが、読者さん目線で考えたときには、あなたのメルマガから受け取るのはメール1通になりので一対一の媒体と言うことです。

なので、メルマガを書くときにも、読者さんの全体に向けて書くと言うよりかは一対一で誰に対してメールを書いていくかイメージをしたりとか文言を使用してくてことになります。

例えば表現の部分で言えば、メルマガに登録している方へと言うよりかは、「あなたへ」読者さんの名前を登録をの時に登録してもらっているのであれば、「〇〇さんへ」とように、読者さんに対してメールを届けると言う事を行って行かなくてはいけません。

どうしてもメルマガ発行する側になってしまうと、本来のメールと言うツールの本質を忘れてしまいがちですので、読者さん側の目線に立ってどういうメルマガの内容だったりとか表現を使ってくれたら嬉しいのかというのをしっかりと理解していくことが必要です。

 

読者さんが思っていることを先に述べる

メルマガを書いていく中で話し口調だとメルマガの文書が短くなってしまったり、伝えたい事を深掘りして書けないなんてことも起こってきてしまいます。

そんな時には、「読者さんが思っているようなことを先にメルマガ内で述べて」そのことに対しての答えや解説などを行なっていくといいです。

「どのように?」と思ったかもしれませんが、このような感じで読んでいる人がここまでの内容を読んで、疑問に思っていることなんかを逆に質問していくといいです。

そうすることで、さらに内容を深掘りすることができますし、「あー!それそれ」と思っていることの共感やこの人は分かっている感を出すことに繋がります。

 

1つことに「なぜ?」を問いかけ理由を明確にする

メルマガの書き方として、一般的な結論から言ってそのことについての解説をしていくということが挙げられますが、1つの結論に対しての解説だけでは内容が薄かったりとか、日記やブログなどの形になってしまいます。

なので書くときのポイントとしては、一つ一つの疑問などを感じる部分に対しては自分に対してなぜと問いかけて、さらに深掘りしたメルマガを書いていくことが重要です。

本文の中でそのような使い回しとしては、「なぜならば」「やなぜ〇〇かと言うと」「どういうことかと言うと」などと言う切り出し方でなぜに対しての答えをさらに解説していくと内容も濃いメルマガを書くことができます。

 

読みやすくリズム感を意識してメルマガを書く

また一対一の発信であったりとか、メルマガの内容も深掘りして情報量の良い話になったとしても、全体的に読みにくいメルマガになってしまってはメルマガも読んでくれなくなってしまいます。

そこで書くときに意識するのはメルマガ全体のリズム感で、例えば同じ文章の構成の流れが変わらないままだとリズム感というのは一定で、読みにくい印象を与えてしまいます。

なのでメルマガのリズム感を出す方法としては、ブログなどで使われている見出しのような形で、本文の中でも段落を作って解説をしていくことであったりとか、先ほどお伝えした通り読者さんが思っている事を先に提示したりするといいです。

また、メルマガを書き終わった後に上から読んでいき、スムーズに読めるメルマガであればリズム感もあるメルマガで読者さんも読みやすい印象与えますが、自分で読んでいて読みにくいと感じる分だったりしたら読者さんも読みにくいと感じてしまうのでその点は修正していくということが必要です。

 

まとめ

このようにメルマガの書き方として意識するポイントとしては話口調で、あなたと言うキャラや個性を出して面白く書くと言うことになります。

たのでメルマガを発行者始めたりしたときには、売り良いことをしっかり書こうと意識が強いと思いますが、そうではなくてその人つの群で何を伝えるのかだけ明確に指定する際伝えてしまえばオッケーと言う位な軽い感覚を持つべきです。

そのため、1人の人が目の前にいることを想定してメルマガを書いたりとか、普段使っているような話口調で車を変えていき、読んでいて面白いだったり読み易いであったりそして継続的に読もうと思えるようなメルマガを目指していくべきと言うことです。

またメルマガのステップメールを使ってた稼ぎ方については、URLで詳しく解説されてないチェックしてみてください。

 

追伸:今すぐ「メルマガの仕組み化で売上2倍」に!「8つの動画講座」を無料公開中

マーケティングマスターシート&売れる仕組み動画イメージ当サイトに足を運んでいただき、ありがとうございます。 最後まで記事を読み進めてくれた方だけに、メルマガだけで自由を手に入れた私が、今も実践で活用している「8つの動画講義」をプレゼント中です!



【有料級!8つの動画講座の内容】
  1. 弱小が強者に勝つためのたった1つの方法
  2. セールスフローの構築と高成約率のセールス方法
  3. 具体的なセールスメールの全貌
  4. 発信の軸を決めるコンセプト設計
  5. 情報発信でマネタイズする方法
  6. メルマガ集客するための方法
  7. 売れるメルマガのセールスフローの構成
  8. セールスフローを元に売れるメルマガを書く
ABOUT ME
黒沢 誠
情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより
こちらの記事もおすすめ!