fbpx
メルマガアフィリエイトで成約率44%を達成した方法…>>
LP(ランディングページ)

登録率30%超えを目指すメルマガ集客LPの作り方と6つの改善策

メルマガ登録用の集客LPを作ってブログやSNSなどメルマガ集客を行っていますか?仮にしていないのであれば、今すぐにメルマガ登録用の集客LPを作ることをオススメします。

なぜならメルマガ集客用のLPをクッションページとして挟むことによって、メルマガの登録率を激変していきます。

またLPの内容によって、メルマガ登録後のユーザの質も変わってきたりとか、そもそもの登録率も変わってきますので、この記事ではメルマガの登録率を上げるためのLPの作り方について解説をしていきます。

 

メルマガ登録率30%以上を目指すLPの作り方

メルマガ登録率をなぜLP内で改善して行わないといけないのかと言うと、登録率が仮に2倍になった場合には、新規のメルマガ読者さんの数も単純に現場の2倍集めることができるということです。

という事は、仮にステップメールで商品やサービスのオファーまで自動化していたら、読者数が2倍になれば売り上げも2倍になると言う事が期待できます。

なので集客媒体やブログやSNSのアクセスを集めることもそうですが、まずはそれ以上にすぐ結果の出る改善策としては、メルマガの集客をLPの登録率を上げるための改善を行っていくという事になります。

改善を行うことによって、メルマガの新規読者数も増えたり、メルマガ内の売り上げも増えることが期待できますので、集客LPを作ったままで放置していたりそもそもLPをまだ作っていない方と言うのは下記のことを参考にしてみてください。

 

そもそもLP(ランディングページ)とは?

そもそもメルマガ登録用の集客LPと言うのはメルマガに登録してもらうためのページになります。

もちろんこのLPがなくても登録フォームから登録することができますが、どんなメルマガなのかそしてどういう発行者の方がどういう思いでメルマガをやっているのかなど伝わることができないので、登録したいと思わないと言うわけです。

なので集客LPを作ることによって、メルマガでどんな内容を伝えていくのかそして登録することによるメリットベネフィットを伝えることができ、登録率を上げることであったりとか、見込みのユーザを集客することにつながっていきます。

 

基本的なLPの構成

基本的なメルマガ登録の集客LPの構成ですが、上からヘッダー登録フォーム内容(自己紹介や特典、配信する内容やベネフィット)登録フォームと言うようなLPの構成が多いです。

その中でもとても重要なのが、ファーストビューで目で見られる、ヘッダー画像の訴求でそもそも見られた瞬間に自分の求めているメルマガや情報でなければ登録すると言う事はありません。

なのでファーストビューでどのようなメルマガであったり登録することによるベネフィットそして特典等の先をしてあげることが必要です。

また、ユーザーがメルマガ登録する1番の目的としては、登録するためのメリットを感じないと登録すると言う事はなく、そのため1番効果できたのがメルマガ登録特典を用意すると言うことになります。

登録特典を共有することによって得点差けどLPを作ることであったりとか、登録すると無料で数万円相当のコンテンツを受け取れるといったメリットをLP内で訴求ですることが可能です。

 

メルマガ集客LP次第で売上も2…3倍変わる

メルマガ集客LPを作ることであったりとか、LPの構成を改善することによって登録率というのは左右されてきます。

もちろん登録率が上がることによって、月下のメルマガ登録者数も今よりも1.5…2倍など増えるということも考えられますしそうした場合には売り上げも23倍と左右されてきます。

なぜなら仮に新規のメルマガ登録者数が血管50人くらいだったのがLPの改善をすることによって、100人になったとしたらどうでしょうか?

成約率10%の商品やサービスのオファーをメルマガ内のステップメールで行うことができていたら、成約済でも5人から10人になりますし、その商品が2万円のものであったら売上も10万円→20万円に増えます。

なので、メルマガ内のステップメールやオーバーする事に対して高い成約率出てきているのであれば、集客数を増やすことそしてこの集客LPの改善をすることによって、売り上げも23倍を増える可能性が高いわけです。

ではLPの登録率を上げるためにどのようなことをしなければいけないのかと言うと、下記でLP内で登録率を上げるための改善策について解説を行っていきます。

 

登録率を上げるため6つの改善策

ではメルマガの登録率を上げるために、LP内で改善すべき大きく3つのことがありますので、各項目ごとに改善するポイントを解説していきます。

なので、LPをこれから作る方であったり、すでに作っているけど登録率が低い場合にはかけて解説するポイントをまずは実践してみてLPの登録率を上げてみてくださいね。

 

ヘッダー

メルマガ集客用のLPの減ったと言うのも、ページを開いたときに最初に目に留まる場所になるので、リピの中でもとても重要な項目の1つになります。

じゃあ、このヘッダーで何を伝えていけば良いのかと言うと、1番はメルマガ登録してもらうための興味を惹きつけるためのキャッチコピーであったりとか、ターゲットを明確にしてエビを見たときに「あーそれそれ」と求めている情報や解決策を提示しているメルマガであると言う作業が必要です。

具体的な訴求としては以下のようなものを取り入れている減ったが最近では多いです。

  1. 無料訴求(登録特典)
  2. 独自性のあるノウハウや情報
  3. 手軽さの訴求
  4. 具体性の提示
  5. ギャップ訴求

 

1.無料訴求(登録特典)

無料訴求というのも、メルマガを登録する事によって手に入れることができる特典内容をヘッダーないでも提示して、数万円のものが無料でゲットできるなどと言うような訴求になります。

基本的に多くの方は無料と言う言葉に弱く、メルマガも登録する1番のメリットとしてはこの特典コンテンツを手に入れることができる理由が1番多く、やはり1番最初のきっかけとしては登録特典の無料訴求での要素と言うのもヘッダー内に入れていきたいポイントです。

 

2.独自性のあるノウハウや情報

独自性のあるノーハウであったりそれを伝えるためのメルマガと言うのも、新しいものであったりとか目新しいものに対して人は反応してしまいます。

なので、例えば同じアフィリエイトの稼ぎ方だったとしても、「2019年最新の新しいアフィリエイトの稼ぎ方」などのよつに変えるだけでも、独自性や新しい情報に対して見ておきたいと言う心理が働くと言うことです。

もちろん内容はこのように最新のものであったり独自性のあるものじゃなくても子供に訴求を変えることによって、反応率の上がるヘッダーを作ることができます。

 

3.手軽さの訴求

手軽さの訴求としては、初心者でもできるであったりとかパソコン音痴の私でもなどと言った、誰でもできると言う事をヘッダー内で提示していくのも1つです。

もちろんターゲットが中級者に向けたメルマガ発信になったら、ターゲット層がずれてしまうのでお勧めはできませんが、初心者の方がこれから始めるなどといったメルマガ発信であればこのような文言をヘッダー内にいれると、「私でもできるかも」という感情を作ることができます。

 

4.具体性の提示

メルマガ内の下手での文言で、メルマガ登録した先のベネフィットなど具体性を明確にするほど、メルマガの内容や登録後のイメージがしやすくなります。

なのでアフィリエイトの稼ぎ方よりかは、3ヶ月で10万円稼ぐためのアフィリエイト稼ぎ方などのように目的や金額や期間等の具体性を出してあげる事も重要です。

 

5.ギャップ訴求

メルマガ発行者の実績を出していくことも1つですが、それに加えてキャップを加えるのも付けとして強くすることが可能です。

例えば、「月収100万円の私が教えるアフィリエイト講座」と言うよりも、「偏差値40の馬鹿でも稼げた月収100万円の作り方」などのようなキャップを加えると言うことです。

このようなギャップは映画などでも使われていて、ビリギャルなどもこのキャップを用いたタイトルであり、人を惹きつけるための効果があります。

 

登録特典

次に登録特典ですが、やはりメルマガを登録するためのメリット1番強くさせるのはこの特典内容を充実させて、アクセスした人に対してほしいと思ってもらえる特典内容を作れるかどうかになります。

もちろん発信するメルマガのテーマに沿っていないと、登録特典と発信の内容にギャップが出てしまうので基本としては発信内容に関連する特典内容を作っていくことが1番です。

その時に自分で考えて登録特典を用意してもいいですか、なるべく登録してくれるユーザに刺さる内容を作ることが1番なので、メルマガ登録後にアンケートを取るなどしてほしい情報やコンテンツなどをリサーチしておくこともお勧めです。

また特典の数ですが、マジカルナンバーと言われる人が瞬間的に記憶できる短期記憶の間回数というのがあり、そこから7個以上の特典内容をつけることで、人はたくさん特典がもらえると言う印象を与えることができます。

なのでたくさんの特典がもらえると言う印象を与えたいときには7個以上用意しておくと確実です。

 

メルマガの目的やベネフィット

次にメルマガ発行を行う目的であったりとか、登録することによるメリットベネフィット明確にする項目も入れる事がお勧めです。

なぜなら、ヘッダーと特典だけだと、メルマガでどのような内容伝えていくのかであったりとか登録した後の未来というのが想像しにくいのが理由です。

なので、

  • なぜメルマガ発行して情報を伝えていくのか
  • 登録した後に何を得ることができるのか
  • 具体的にどのような発信を受け取ることができるのか

など

ヘッダー内に記載していき、この時に文章でもいいですが、ブレット形式で項目をいれるような表現をしてもいいです。(マジカルナンバーから多く感じてもらいたい時には7個以上の項目)

 

自己紹介

自己紹介を入れる入れないと言う問題がありますが、できたらメルマガ発行者さんの顔や経歴や思いを伝えるためにも自己紹介と言うものを入れたほうがいいです。

最近見る中で多いのが、ストーリー型の自己紹介で、このメルマガ発行するまでの経歴だったりとか実績など自己紹介の中でお伝えしていくであったりとか、メルマガでの目的そして価値観などといった部分を出していくのも1つです。

やはり、発行者の顔がわからないメルマガだと不安な要素も出てきてしまうので、顔出しや経歴等出せる方であったら自己紹介をLP内に入れていきたいとこです。

 

登録者の声

登録者の声として、メルマガ登録後にアンケートなどを取って「登録してよかった」、「こんな事を得ることができた」などをいれていくのもオススメです。

この時にメルマガ内の商品やサービスなどを購入した人でも「売上が上がった!」などというような具体性のある声が理想です。

登録者の声の部分が、登録後のベネフィット、未来を具現化して訴求できる要素にもあるので入れてみるといいです。

 

登録フォーム

登録フォームを改善するだけでも登録率は大きく左右されていきます。

まず登録フォームと言うのも入力項目が多ければ多いほどユーザーが登録するのがめんどくさくなり登録しなくなってしまいますのでなるべく項目を最小限にしていく事がお勧めです。

一般的には名前とメールアドレスと言う2つの入力項目に設定してる人が多いですか、メールアドレスのみの項目にするだけでも登録率は上がりますので、メール本文内で名前などを使用しない場合にはメールアドレスのみの項目に変更することがお勧めです。

この項目の変更は、メルマガ配信スタンドことによって異なってきますが、自由に設定することができますので、まずは配信スタンド内の登録フォームの項目等の設定画面から変更を行ってみてください。

 

登録率を上げるためにはABテストを繰り返す

メルマガの登録率上げる集客LPの改善策は、細かい部分などいろいろありますが、もちろん改善したからといって100%投薬率が上がると言う保証はありません。

ですが、ここがまずはスタートラインで、LPを作ってそしてアクセス解析等で登録率を確認していき、ヘッダーや内容等の文言や画像そして色等のABテストを行っていく人があります。

なので毎日登録率を確認して改善していくと言うのも大変なので、週間でデータを取ることや月間でデータをとってそして週に1回回または月に一回LPの改善を行っていき、エルビルの登録率を上げるための改善を行っていく事がお勧めです。

もちろん、集客LPに集まる導線によって登録率は左右されてきていて、SNSやブログまたは広告などによって登録率は大きく変わっていくので、媒体毎の目指していく登録率を設定してそこまでは改善をABテストを行っていくことが重要になります。

 

まとめ

このようにメルマガ登録の集客LPを改善することによって登録率は上がり、さらにメルマガ内での売り上げも23倍と増える可能性も高くなります。

もちろんメルマガ内の成約率を上げるであったりとか集客するための媒体を増やすと言うのも1つの手ですが、まずはLP内を改善することによって、全体のメルマガ登録の数なども増やしていくことがオススメです。

LPを作っていないもしくは作ったけど改善していない登録率は低いと言う場合には、この記事でお伝えした方法また試してみてくださいね。

ABOUT ME
黒沢 誠
情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより