メルマガアフィリエイトで成約率44%を達成した方法…>>
書き方

メルマガの書き方は構成で99%決まる!今すぐ実践できるメルマガの構成事例

メルマガ発行をこれから行なっていく人は、発行したけど1通目から手が止まってしまって書くことができない、この内容でいいか不安という人はいませんか?

メルマガは読みやすくスラスラと読めて伝えたい情報を読者さんに届けるのが一番の役割で、メルマガに慣れていない方はグダグダとした書き方をしてしまうケースが多いんです。

そこでメルマガの書き方として私が一番重要と考えるメルマガの構成について解説していきます。

 

読者さんに伝わるメルマガの書き方は構成力

メルマガを書くことは言ってしまえば普段のメールを送ることができる人であれば誰でも作成することはできますが、読者さんに伝わるメルマガを書けるかは別問題になります。

【メルマガ=ライティングスキル】みたいなイメージですが、「ライティングも勉強したことない・文章が読めない」という私でもメルマガだけで生活することができている。

ライティングスキルよりも重要なことというのが、メルマガの構成力になります。

 

メルマガの構成力とは?

メルマガの構成力と聞いてもパッと意味がわからないと思いますが、簡単に説明すると「読者さんに伝わるメルマガの書き方」だと思ってもらうとわかりやすいです。

私も何かメルマガを書くときには、白紙の状態で上からメルマガをいきなり書くことというのはありません。

【全体の構成を作ってからメルマガを書いていく】ということを行なっていて、伝えたい内容がブレないことや本当に伝えたい情報を届けることに繋がっていきます。

では、どのようにメルマガを書くときに、構成を考えているのか基本的には以下のステップになります。

  1. この1通で何を伝えて読者さんがどう感じるのか明確にする
  2. 結論→理由→詳細の順で書く
  3. 具体的なイメージをさせる(例えば…)
  4. 最後に結論を説明する
  5. 件名を作成する

 

1.この1通で何を伝えて読者さんがどう感じるのか明確にする

メルマガを書くときにまず考えて欲しいのが、「この1通のメールで読者さんに何を伝えてどう感じてもらいたか」になります。

結局中身のないメルマガや日記のような内容は読者さんは求めていないので、1通1通のメルマガでも読者さんに価値を感じてもらい何かを得てもらわないといけません。

また「いざメルマガを書くぞ」となった段階でもこの軸が決まっていないと、どうしても内容ブレブレになってしまったり、「で?何を伝えたいの?」みたいなメルマガになりやすいんですね。

 

特にメルマガの場合は「1メール1目的」がよくて、内容を詰め込みすぎると読者さんからすれば何も伝わらないので、例えばメルマガの書き方なら書き方についてだけ書けばいいんです。

(*最初の方はダラダラと書きがちですが、短くても伝えたい情報が伝わるのが最強)

なので、「このメルマガは〇〇を伝える」でもいいですし「メルマガの魅力を知ってもらいたい」などどちらが先でもいいので、伝えたいことを明確にすることでその後の本文もスラスラ書けるようになります。

 

2.結論→理由→詳細の順で書く

メール本文で書く順序ですが、基本的には【結論→理由→詳細】の順で書くことによって説得力のある文章を作ることができるので、迷ったらこの型でメルマガを書くといいです。

具体的にどのような感じか「件名:メルマガを引退します。」を参考にしてみます。

  • いきなりですが、メルマガを引退し、新しい〇〇〇〇を立ち上げます! 【結論】
  • なぜ引退するのかと言うと…【理由】
  • メルマガの到達率が最近悪くて…【理由】
  • 実際に計測してみた結果、到達率が〇〇%【詳細】
  • なので…このメルマガスタンドは引退し新しいメルマガを立ち上げました【結論】

 

ざっくりとした項目だけのイメージでいうと上記のような感じで、結論としてまずはこのメルマガで伝えたいことを一番初めに伝えていきます。

その後、「なぜ」や「なぜなら」などの疑問詞を使っていき自分に問いただすかのように理由を解説していきます。(この場合だと、なぜメルマガを引退するのか?)

理由としては今回の場合のように1つじゃないケースであれば下記のようなメルマガ構成になります。

  • いきなりですが、メルマガを引退し、新しい〇〇〇〇を立ち上げます! 【結論】
  • なぜ引退するのかと言うと…【理由】
  • メルマガの到達率が最近悪くて…【理由】
  • 実際に計測してみた結果、到達率が〇〇%【詳細】
  • また…読んでくれる人だけに伝えたい【理由】
  • 不特定多数の配信ではなくて読んでくれる人にだけ情報を届けたい【詳細】
  • なので…このメルマガスタンドは引退し新しいメルマガを立ち上げました【結論】

 

理由→理由というようなメルマガの構成ではなくて、理由を詳細から完結してから2つ目の理由というようにメルマガを書いていくと綺麗にまとめることができます。

この繋ぎの部分では、「また」や「2つ目の理由として」などから始めると書きやすいく、内容はブログ記事のように区切らないでA→Bのようにつなげていくイメージが必要です。

最後に詳細としては、「なぜ?」に対しての答えになるので、信憑性など低い内容ではなくて具体的な根拠となる情報(数字を入れるなど)を入れるなど行うことがポイントです。

もしくは感情的には「私は今後こうしたいと思っている」や「私の考えはこう」のように自分の思考を伝えていくというのも1つの方法にはなっていきます。

 

3.具体的なイメージをさせる(例えば…)

より本文の中で読者さんに伝えるためには、具体例を出してイメージさせることが重要になります。

この時に意識するのが普段の生活などで皆に伝わる具体例を出すことで、専門的な内容の具体例を出しても分からんければ伝わっていないのと同じだということです。

なので、メルマガ内でより伝わりやすい表現をするためにも、「例えば」や「〇〇と仮定すると…」などといった表現を使うことによって、具体的なイメージをつかせる内容を入れることができます。

このように読まれるメルマガの作り方は、読まれるメルマガを作り上げる7つの秘訣にも書かれているので参考にしてみてくださいね。

 

4.最後に結論を説明する

最後に再度結論を説明する必要があり、文章の中で印象に残ったり記憶に残るのは最初と最後と言われています。

終わり良ければすべて良しではないですが、最後もグダグダした内容でメルマガが終わってしまうと、「なんかよく分からないメルマガだった」みたいなイメージがついちゃうわけです。

なので、終わりも伝えたいこと(結論)をはっきりさせて締めくくってみてください。

 

5.件名を作成する

最後にメルマガなので件名を作成する必要がありますが、ぶっちゃけ最初に件名を書いてもいいですし、思いつかなければ最後に書けばいいです。(私はこのパターン)

先ほどの例(件名:メルマガを引退します。)のように結論と件名を関連させる場合にはおそらく本文を書く前に件名を作成することが可能ですが、そうでない場合もあります。

そうのような時だったら作成したメルマガ本文から抜き出して件名を作成することもオススメです。

今回の場合なら…

  • メルマガの到達率を測定してみたら…
  • 到達率〇〇%だったので辞めます
  • ちゃんと読んでくれていますか?
  • まだ見ている人いるの?
  • 【速報】新メルマガを発行しました

のようにメール本文の内容から抜き出すことによって、件名で興味を持って開封したとしても内容の関連性が高いので離脱もされにくくなります。

最後に件名を作成するのであれば、白紙の状態ではないので作成した本文から件名にできるキャチーなフレーズを作ってみてくださいね。

件名の作成に関しては、メルマガの開封率は曜日よりも件名が重要だった!?もどうぞ。

追伸:今すぐ「メルマガの仕組み化で売上2倍」に!「8つの動画講座」を無料公開中

マーケティングマスターシート&売れる仕組み動画イメージ当サイトに足を運んでいただき、ありがとうございます。 最後まで記事を読み進めてくれた方だけに、メルマガだけで自由を手に入れた私が、今も実践で活用している「8つの動画講義」をプレゼント中です!



【有料級!8つの動画講座の内容】
  1. 弱小が強者に勝つためのたった1つの方法
  2. セールスフローの構築と高成約率のセールス方法
  3. 具体的なセールスメールの全貌
  4. 発信の軸を決めるコンセプト設計
  5. 情報発信でマネタイズする方法
  6. メルマガ集客するための方法
  7. 売れるメルマガのセールスフローの構成
  8. セールスフローを元に売れるメルマガを書く
ABOUT ME
黒沢 誠
情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより
こちらの記事もおすすめ!