ステップメールはシナリオ分岐の活用が攻略の秘訣

メルマガスタンドのステップメール機能でシナリオ分岐させることができるの知っていますか?

実はステップメールでガツガツ自動かといっても、同じシナリオでたんたんとステップメールを構築していてはメルマガの評価を下げて成約率が結果的に下がります。

そのため濃いユーザーだけに配信したり、興味のある方だけに配信、もしくは流入元から計測するためにもシナリオ分岐を使うことで、よりいい結果を出すことができます。

そこで、この記事では「ステップメールでのシナリオ分岐」に関してお伝えしていきます!!

 

ステップメールでシナリオ分岐が使いこなる秘訣

そもそもステップメールを活用し、さらに「シナリオ分岐ってなんなの?」という方に説明をします。

私が使用しているメルマガスタンドのMyASP(マイスピー )はシナリオ(各メルマガ)を無限に作ることができるので、その用途毎に細かく設定することができます。

下記のようなイメージ↓

細かくシナリオを作ることによって、集客の流入元から費用対効果が合っているのかどうかや、特定の人だけに商品のオファーをするような設定もすることができます。

計測したい+興味のある質の高い読者さんだけに商品のオファーなどをしたい場合に活用することができるということ。

MyASP(マイスピー )の場合は、これをしないと、どこからの流入なのか一目で分からないのと、全ての読者さんにメルマガを発行してしまうので、危険性もあるんです。

 

シナリオ分岐をしないで運用する危険性

「いやいや…シナリオ分岐みたいに細かいことは嫌いだから1つのシナリオ(メルマガ)でステップメールを構築する!!」

そう思った方もいると思いますが、確かにそれが一番管理としても楽ですし、1つのシナリオだけに目を向けて発信していけばいいですよね。

ですが…シナリオ分岐をしないということは、読まれてない読者さん(あなたにいい印象を持っていない)人にも毎回メールを配信していることになります。

これによる影響としては、「迷惑メールへの報告」をされてしまう可能性が増えます。

 

迷惑メールへの報告をされるとメルマガの到達率が下がる

迷惑メールへの報告を頻繁にされてしまうと、GmailならGoogle側が対策して「このメルマガは迷惑メールだ!」というように判断されてしまうんですね。

こうなると…本当に伝えたい読者さんにメールが届かなくなってしまう可能性が増えてしまうので、読まない読者さんに配信をし続けるのはリスクがあるということなんです。

(*迷惑メールへの報告をされないためにも、メールの上部や下部に解除URLを記載して読者さんが自ら解除をすぐにできるようにするといいです)

 

シナリオ分岐で細分化するメリット

では、シナリオ分岐するメリットとしてどのような影響があるのか以下のことが考えられます。

  1. 集客の流入元からステップメールの反応など測定することができる
  2. 読まれている質の高い読者さんにだけ配信を届けることができる
  3. 開封率や成約率が格段に上げる

 

1.集客の流入元からステップメールの反応など測定することができる

集客元によってメルマガでの反応率も変わってきます。

私の場合であれば、「ブログ・アメブロ・SNS・広告」などとった部分でメルマガの集客を行なっていて、特に広告の場合にはその費用対効果を知る必要があります。

「広告費1万円かけて報酬が2万円発生した」みたいに数字が合うかどうかでかけれる広告予算も決まりますし、停止させるかステップメールを編集するか等のメンテナンスが必要になります。

これ以外にも、ブログはこのステップの流れで成約されるけど、SNS経由だと反応が悪いからステップメールを変更してみるとか変えていくと反応も上がるということです。

なので、集客毎にシナリオを作ることでこのあたりの計測をすることができるようになります。

 

2.読まれている質の高い読者さんにだけ配信を届けることができる

シナリオ分岐をすることによって、メルマガを日々読んでくれている人や興味関心が高い読者さんだけに絞っていくことができます。

メルマガは日数が経過すれば徐々に読まれなくなってきますので、配信の差別化も必要で興味ある方などに対してだけ商品やサービスのオファーをすればいいんです。

興味ない状態や読まれない人に対してオファーしても無駄ですし、迷惑メール報告や意識的にも悪い影響もあるということになります。

3.開封率や成約率が格段に上げる

シナリオ分岐をして反応のいい読者さんだけにメルマガを配信していけば、開封率やオファーする商品やサービスの成約率を格段に上げることができます。

この段階では信頼度が一定数あるわけなので、読者さんが求めている情報やコンテンツをオファーすることや、次にいつコンテンツ販売するんですか?と逆に言われるような状態になっているんです。

ステップメールでの発信であれば、日数が経過すれば内容の質も変わっていきますし、そのレベルにあった配信をしていくとシナリオ分岐で読み進めた人だけの関係性を作る方が結果が出ます。

パレートの法則(2:8の法則)のように、メルマガ内での売上は全体の2割の読者さんから生まれているという考え方もできるので、2割のシナリオ分岐した人だけにフォーカスした方がいいんです。

メルマガの成約率をあげたい人は、メルマガアフィリエイトで成約率44%を達成した方法を参考にしてみてください。

 

シナリオ分岐の仕方:MyASP(マイスピー )

ステップメールでのシナリオ分岐はした方がいいということですが、実際にどのようにシナリオ分岐を活用していくのかを解説していきます。

(*MyASP(マイスピー )での方法ですが、他のメルマガスタンドも同じような機能があるはずです)

参考;エキスパよりもマイスピー(MyASP)を選んだ5つの理由

MyASP(マイスピー )の場合、シナリオ分岐のやり方としては以下の2つがあります。

  1. 配信者に対して新しいシナリオを登録する
  2. リンクのクリックからシナリオに登録する

 

1:リンクのクリックからシナリオに登録する

ステップメール設定の本文の下に「分析オプション」の中に「短縮URL(クリック分析)を使用する」という項目があるのでチェックを入れます。

これをすることでURLを短縮URLに変更してクリック者の特定や測定などをすることができ、その中の設定の一つとして「シナリオ分岐」があります。

これをクリックすることで、作成済みの別シナリオにクリックした人を登録する設定ができるんです。

なので活用方法としては、オファーまでに興味あるかどうかのアンケートを取ってクリック者だけを別シナリオに登録して商品のオファーをすることなどが可能になるんです。

もしくは、登録時の特典をクリックした人を対象に別シナリオに登録して配信を続けて、読まれる人だけを最初から絞るという考えもできるようになります。

特に前者の使用方法は、見込みとなる濃いユーザーだけを対象にできるため、特にオススメのシナリオ分岐方法になります。

 

2:配信者に対して新しいシナリオを登録する

もう一つの設定方法として、先ほど見たくクリックした人をシナリオ登録するのではなく、このメールを配信した人が自動的に別シナリオに登録する方法になります。

用途としては、最初は集客の流入別にシナリオ分岐させていたけどオファーが終わった段階で1つのシナリオに全ての流入元のユーザーを登録するとかができるわけです。

この場合は、読者さんの意思関係なしに配信されたらシナリオ登録されてしまうので、使用頻度としては先ほどの方法よりも少ないが、シナリオ分岐として使用できる方法になります。

 

まとめ

ステップメールでのシナリオ分岐を活用することで、計測や配信先などを細かく設定することができますので、より濃い関係性の読者さんだけに配信することが可能になります。

読まれない人に配信しても無駄なので、パレートの法則(2:8の法則)のように全体に受けるメルマガではなくて重要な2割の読者さんに向けた発信をすることでメルマガの売上も大きく変わってきます。

特に今のメルマガは少し前のように「数で勝負!」というよりも信頼関係の構築が重要になっているので、一部の読者さんを大切にする発信を意識してみてくださいね。

メルマガが量より質に変わった理由を参考にしてみてください。

 

情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより

LINE@で有料動画5本プレゼント中

有料動画10本を無料配布中

ABOUTこの記事をかいた人

情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより