【緊急】スポンサードサーチがアカウント停止!再開させるたった1つの方法

yahooプロモーション広告のスポンサードサーチですが、最近の規約変更になってアカウント停止されてしまった事例が多くあります。

アカウント停止されてしまえば、今までメルマガ集客など出来ていた広告も表示されなくなり、リスティング広告がメインの集客媒体であればかなりの痛手になります。

そこで、この記事では、スポンサードサーチの、アカウント停止から再開させるまでのたった一つの方法について解説していきます。

スポンサードサーチでアカウント停止する2ケース

スポンサーサーチのアカウント停止は大きく分けて2種類の停止があり、アカウント再開可能な停止なのか、それともアカウント再開は不可能な停止というものがあります。

実際に私は二つを経験したことはありますが、アカウントを再開不可能な停止になってしまったらあらゆる方法を使っても、そのアカウント復活させることはほぼ100%無理なので諦めるしかないです。

逆にアカウント再開が可能な場合には、私の場合ほぼ100%再開することはできますので、まずは自分のアカウント停止になった理由や、再開できるかを確認する必要があります。

アカウント再開できないケース

まず、アカウントされた帰って来ないケースですが、この場合にはアカウントの契約状況が基本はサービス中ですが、停止中や終了となっている場合は基本的に再開が不可能になります。

この再開不可能になってしまうケースとしては以下のような場合です。

  • 審査落ちした広告を修正しないで最新さに何度も出し続けてしまった
  • 審査に通った広告の記事を差し替えて運用を行った
  • 既にアカウント停止されているアカウントで使用しているクレジットカード情報を入力した
  • アカウント停止されたアカウント情報に紐付いて停止された

一概にこれだけが停止される理由ではないんですかと再会不可能なケースの場合は悪質な契約違反など既にアカウント制されたアカウントようやくレジと情報など備品も付いて停止されるというケースが多いです。

別アカウントを作っても停止させられる

このようにアカウント再開が不可能な場合のアカウント停止だとクレジットカードの情報や、アカウントの登録者の運営情報などが、ブラックリスト入りされます。

そのため、新しくアカウントを作ろうとしても同じ住所や名前またはクレジットカードを登録してしまうと、新しいアカウントもすぐに停止されてしまいます。

なので、アカウント再開が不可能な場合というのは、このようなリスクもあるので、規約などを守ってスポンサードサーチの運用をしていく必要があります。

アカウント再開が可能なケース

アカウント再開が可能なケースとしては、アカウントの契約状況がサービス中のままの場合というのは、基本的には再開が出来ることが多く、私の場合は100%再開することができています。

これは一時的なアカウント停止になるので、条件をクリアする事でアカウントを再開し、運用を再度開始することができます。

もちろん、これはグレーな部分になりますので、このようにアカウント停止を何度も繰り返していくと再開が不可能なアカウント停止をくらってしまう可能性もあるので注意しなければいけません。

リスティング広告でメルマガ読者を毎月100人集客する【3つのポイント】

参考:リスティング広告でメルマガ読者を毎月100人集客する【3つのポイント】

アカウント再開する手順

では、スポンサードサーチのアカウント停止から再開するためにはどのような手順で手続きをしていけばいいのかというのをお伝えしていきます。

広告の審査が全て通っている状態にすること

アカウント再開に関してお問い合わせから聞いてみると、全ての広告の審査が通っている状態でなければ再開の手続きをすることができないと言われてしまいます。

なので、現状を審査落ちしている広告をなくさなくてはいけませんので、全て再度審査に通して審査に通っている状況にする必要があります。

もちろん広告の数が多くて、審査落ちしている数も多ければ全てを修正し、審査に通すことは難しいかもしれません。

その場合には、審査落ちしている広告をすべて削除して審査に通っている広告だけ残すことがおすすめです。

審査落ちしている広告を削除する

広告の審査に落ちているものを修正し、審査に通すことを行ってもいいですが、何度も修正したりするのは時間もかかりますし、手間だと感じると思います。

勿論、その広告で反応が取れているのであれば、頑張って審査に通すことをした方がいいですが、どうでもいいよな、広告であれば削除してしまった方が早いです。

なぜなら、広告のアカウントの再開をまず優先すべきで、その後に広告を再度登録していけばいいので、広告データなどダウンロードしておけば再開もすぐに可能です。

理想は申請に通っている広告一つだけ残して、アカウント再開依頼することになります。

これが一番再開するためには、リスクが少ないですし再開できる可能性としてもかなり高くなります。

お問い合わせから再開依頼を行う

広告の審査に全て通っている状態になったら問い合わせから再開依頼をしていきます。

あの時の方法としては、電話かメールまたは最近だとチャットでやり取りし再開依頼をすることができるので、手順として楽なのはチャットを活用して依頼することです。

その時に再開依頼をしたいということを申し出れば、再開するための審査する部署がアカウントを再度審査して、その後数日以内に結果がメールでお知らせが届きます。

早い時では朝一に依頼して、夕方に届くケースもありますか、平均的には2~3日かかるケースが多いです。

なので、再開されるまでは気楽に持ちましょう。

広告審査に通っている状態なら再開はほぼ100%

私の経験ですが、過去にこのようにアカウント停止されて再開することは広告の審査に通っている状態であれば100%再開ができています。

もちろん最近のヤフーの規約変更によってそのアカウント再開の審査も厳しくなっている可能性もあるので、今は100%を再開出来るかは不明確ですが可能性としてはかなり高いと思います。

また、1度アカウントが停止されてしまうと、そのアカウント自体の評価が下がってる状態なので、さいとう規約違反などしてしまうとアカウント再開不可能な停止になる可能性も高いので注意が必要です。

まとめ

ヤフーのスポンサードサーチでアカウント停止されてしまった場合にも、再開可能なケースであれば、数日でアカウント再開をすることができます。

なので、手順を踏んでアカウント再開するための手続きに入らなくてはいけませんし、迷ったら、ヤフーのお問い合わせから聞くのが一番確実です。

また、注意しなければいけないのは、再開できたとしても、アカウントの評価が下がっている状態なので、今まで運用していた以上に規約違反などには注意しなければいけません。

また、このスポンサードサーチを活用したリスティング広告とメルマガのステップメールで稼ぐ方法に関しては、【悪用厳禁】メルマガで毎月20万円をたった3ヶ月で稼ぐ方法【簡単3ステップ】もチェックしてみてくださいね。

【悪用厳禁】メルマガで毎月20万円をたった3ヶ月で稼ぐ方法【簡単3ステップ】

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより