情報発信ビジネスで収入源となる3つの王道商品

情報発信ビジネスでキャッシュポイントになるのが、ブログやメルマガ・LINE@でオファーする商品になります。

既にコンテンツを持っているのであれば、集客しセールスすればいいだけの話ですが、多くの方は「情報発信ビジネスでどういう商品をオファーすればいいんだろう?」と思っていますよね。

そこで、情報発信ビジネスでのキャッシュポイントになる商品に関してお伝えしていきます。

 

情報発信ビジネスでオファーする商品1つで発信の軸が決まる

情報発信ビジネスをこれから始めようと、SNSやブログ・LINE@などやろうとしているが、なんの商品をオファーしようと悩んでいる人も多いですよね。

ですが…この考え方は捨ててください。

というのも、【情報発信ビジネスをやろう→発信→商品】ではなくて自分が提供できる最高のサービスや商品はなんなのかを明確にしてから始めた方がいいです。

なぜなら、これ1つで発信の軸が決まり集客するターゲット層も明確になりますので、最終的なゴールをどこに設定するかで情報発信から集客、オファーまで設計する必要があります。

詳しくは情報発信の軸を決めるコンセプト設計の3ステップを参考にしてみてください。

では、情報発信ビジネスでオファーする商品として王道のものが以下の3つになります。

  1. 自分の発信にマッチする商品をアフィリエイトする
  2. 自社コンテンツを作って商品化する
  3. スクールやコンサルのようなサービスを提供する

 

1.自分の発信にマッチする商品をアフィリエイトする

情報発信ビジネスでオファーする商品の3つの選択肢の中では、一番気軽に商品をオファーできるのが、発信にマッチした商品のアフィリエイトになります。

自社コンテンツし商品化するのと比べると、【独自決済の導入・コンテンツ作成・LP作成・企画力】の大きく4つの項目をやらなくてもいいのが特徴で、他の人の商品を紹介するだけでいいんです。

その分…アフィリエイト報酬が一般的に決められているので売上としては低くなってしまいますが、単純にメルマやLINE@上でのセールス力があればいいという考えになります。

メルマガ内でのアフィリエイトに関しては、メルマガアフィリエイトで高成約率を叩き出した方法で解説しているので参考にしてみてください。

その中でも、情報発信ビジネスで重要なのはオファーする商品と発信がマッチしているかになります。

 

発信の軸とオファーする商品がズレていれば成約されない

メルマガやLINE@のリサーチをしていて多いのが、発信の軸とオファーする商品がズレてセールスしている人がいて、「こりゃ成約されないでしょ…」というケースがあります。

その問題となるのが、情報発信でオファーする商品は発信者が紹介したいからオファーするのではなくて、読者さんの求めている情報や解決策の1つが商品だということです。

 

この考え方がめちゃくちゃ重要で、多くの方は「自分が稼ぎたいから」という目的で商品をオファーしますが、それでは読者さん目線になった時にズレが生じます。

こう思った時に選定するアフィリエイトの商品は、報酬が高いとかそんなことで選んでしまうので、「そもそも読者さんが求めていないよね…」となるわけです。

よくある例でいうと…新しい商品が販売されたらオファーする情報発信者もこの意図とはズレているので、第一に読者さん目線で商品をアフィリエイトするだけで結果は大きく変わります。

 

2.自社コンテンツを作って商品化する

2つの目の方法としては、他の人の商品をアフィリエイトするのではなくて、「自分でコンテンツを作って商品化」しオファーするといったケースです。

【独自決済の導入・コンテンツ作成・LP作成・企画力】の4つの項目は自らやらなきゃいけませんが、情報発信ビジネスで考えた時には、読者さんの求めている商品をオファーできるメリットがあります。

要はアフィリエイトの場合であれば、その商品のコンセプトをずらすことができませんので自分の情報発信とマッチしているケースって少ないんですよね。

(1万円を副業で稼ぎたい属性なのに100万円稼げましょうというオファーを流す感覚)

 

その分、自社コンテンツであれば読者さん目線にたって一番の解決策であり求めている情報を商品化することができるので、当然成約率も高くできるんです。

しかもアフィリエイトのように販売金額の30%のような設定もないので、読者さんには安く商品を提供できて売上もアフィリエイトよりも高くすることができます。

作る過程がありますが、長期的に情報発信ビジネスをやっていくのであれば自社コンテンツを作成し商品化していくことが一番です。

 

自社コンテンツであればリピートなどファン化されやすい

また自社コンテンツであれば、購入後も設定があるのは、「自分と購入してくれた読者さん」になります。

これがアフィリエイト商品であれば、アフィリエイトの販売者も中に入ってくるわけなので、質の高い濃い読者さんを取られてしまうケースが多いんですね。

そうなると自分の発信も読まれなくなり、アフィリエイトした販売者のファンとなってしまい、リピートなどのそのあとに繋がりにくいデメリットがあるんです。

なので、自社コンテンツで満足度の高い商品を提供できれば、あなたの信頼度も上がっていきますし、より濃い関係性を築くことができるようになります。

 

3.スクールやコンサルのようなサービスを提供する

アフィリエイトも自社コンテンツのオファーも基本的には、個々での設定があまりなくて販売後に発信者が時間が取られないメリットがありますが、一番価値が高いのがスクールやコンサルなどのサービス提供です。

結局…ライザップのような結果にコミットしたビジネスモデルが今は主流になっていて、それがスクールや個別コンサルのようなマンツーマンでのサービスモデルになります。

最近では個人でのコンサルティングをする人も増えている中で、結果を出すことができる高いサービス提供できるのがこの形ということで、価格面でも見てもアフィリエイトや自社コンテンツよりはるかに高く設定できます。

参考;メルマガの売上を10倍以上に増やす5つのテクニック

 

その反面、参加者とのマンツーマン体制でのフルサポートであったり結果にコミットするモデルでのサービス提供することが必須条件になります。

「高い費用で参加したのにサポートもしてくれないし、内容もショボい」となったら詐欺ですし、購入者さんとのトラブルにも発展するケースもあります。

特に…ネット業界だとそのような悪徳なスクールビジネスやコンサルティングが多く目立っているので、情報発信者としては自分の価値を上げる考えが必要です。

 

結果を出させれば自分の価値は上がっていく

悪徳なスクールビジネスやコンサルティングが多い中で、このような人たちは目先の報酬しか求めていないく、自分の価値を下げるリスクがあることを理解していません。

情報発信ビジネスを長くやっていくのであれば、悪評はすぐに広まりますし…情報発信しても受け取る側がそういう意識で見ていたら全てが悪徳に見えてしまうということなんですね。

逆にいいサービスを提供して参加した人に結果を出せた場合には、自分の実績にもなりますし、情報発信者としての価値も比例して上がっていきます。(*いい評判は広まるのが遅いですが…)

 

それがどうなるかというと、サービスの価値が上がり価格をあげても参加したい人が増えるので、結果的には売上が数倍以上に膨れ上がるということです。

例えば…個別コンサルを3ヶ月5万円でやっていたのが15万円…30万円でも参加したい価値の高い情報発信者になっていくので、長期的に見ても自分の価値を上げるべきなんです。

なので、コンテンツでもアフィリエイトでも商品をオファーするには受けとった側はそれで、あなたの価値を判断します。

「いい商品を紹介してくれた」となるとリピートにも繋がりますし、あなたの価値も上がっていくので情報発信者として満足度の高い商品をオファーする必要があります。

 

まとめ

情報発信ビジネスでオファーする商品は様々ですが、その商品によって発信の軸も変わってきますし、読者さん目線での解決策や求めている情報を提供する考えが必要です。

この考えを持って発信していくかどうかで反応も変わりますし、自分の情報発信者としての価値にも繋がってくるので、満足度の高い商品を提供して感謝される状態を目指しましょう!!

情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより

LINE@で有料動画5本プレゼント中

有料動画10本を無料配布中

ABOUTこの記事をかいた人

情報発信ビジネスで過去の経験やスキルを発信して価値提供してWinWinな関係性を作ることが大好き。 新卒でブラック企業に就職→約3年で退職→フリーランス→アフィリエイト→情報発信で有料商材の成約数ランキングで何度も1位達成。 普段は近くのカフェでパソコンカタカタとゆるく生活しています。→さらに詳しいプロフィールはこちらより